ここから本文です

国内カジノ解禁に向けたカジノ依存症防止策は?

8/14(月) 8:27配信

@DIME

日本ではカジノ解禁へ向けた動きが活発化している。昨年12月に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(IR推進法)が可決された。IR推進法は、カジノ法案とも言われており、今後、カジノやコンベンション施設をはじめ、ホテル、ショッピングモールなどが一体化された複合型施設、統合型リゾートの特区を指定することで、そのエリアにおいてカジノの運営が認められることになる。

【注目必至!?日本でカジノが始まる前に「ディーラー」になる方法】

日本国内でカジノが実現するにはまだまだ時間を要する。IR実施法案を国会で通す必要があり、この法案が国会を通過した後に、推進本部が基本指針を決め、基本指針に基づいて都道府県やIR事業者が提案をした後、カジノの免許が交付されることになる。その後のIR施設の建設などを考えると、日本にカジノが実現するまでに最低でも3~4年はかかる見通しとなっており、東京オリンピック・パラリンピック後になる可能性が高い。最初に3か所程度の場所が選定される見込みとなっている。

そこで現在議論されているのが、カジノ依存症対策である。8月4日に、中国を拠点にオンラインカジノを運営し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)にも上場している500.comが沖縄・那覇でシンポジウムを開催し、依存症対策についても議論された。500.comの潘正明CEOは、「オンラインカジノは、カジノ利用者がネット上でログインして掛ける金額や頻度が理性的ではない行動がある場合に、状況に応じてストップをかけるなどの依存症対策を行っている。オンラインカジノでは、身分証明書の登録が必要であり、我々のシステムや政府やサードパーティーの信用調査システムにも接続されており、情報を収集しながら適切な金額の中で遊ぶようなシステムを構築している」と話す。

日本でカジノが解禁された場合には、どのように管理するのがベストなのかについて聞くと、潘CEOは「1つとして日本人の入場においてはマイナンバーカードの提示が必要となる可能性が高く、具体的にマイナンバーカードをどのように活かすのかは今後日本で法律ができると思うが、海外の場合ではマイナンバーカードと銀行の信用システムもしくは政府のデータバンクなどの情報から生活保護を受けていたり、銀行から大きな借金がある場合などに要マークをすることで、入場禁止や掛け金額の上限を設定するなどの対策が取られている」と話した。マイナンバーカードがカジノへ入場する際に必要となる可能性が日本では高く、どんな役目を果たすのかが依存症対策に影響を与えることになるだろう。

海外ではシンガポールの事例が面白い。現在、シンガポールにあるマリーナベイサンズやセントーサ島にあるカジノでは、日本人観光客を含む現地在住者以外の外国人はパスポートの提示によって無料で入場することができるが、シンガポールの自国民及び居住者はカジノに入るのに入場料が必要となっている。1日あたり100シンガポールドル(約8000円)、また年間何回でも入場できる年間パスは2000シンガポールドル(約16万円)となっている。入場するだけで1回8000円程度かかることになれば、自国民は気軽には行きにくくなる一方、訪問頻度が限られる外国人観光客は無料で入れるので外貨収入は期待できる。

シンガポールのように入場料を徴収することで、カジノをするハードルが高くなり、一部の人が入りにくなる方式は、カジノ依存症を抑制する簡単でかつ有効的な手段である。現状では、海外のカジノにおいて、依存症についての対策は実際に取られていない状況であり、依存症について管理しているのは上記のシンガポールくらいである。

入場料を徴収する対策もシンガポール以外の都市では行われていない。潘CEOは「今、日本でIRを推進していく上で依存症は非常に重要な問題であり、依存症対策をせずに制限をかけないというこれまでのモデルではいけないと思う。IRは大きなリスクがあり、これまでの取引履歴などのデータ分析をすることで、事前に予防することが日本のカジノにおいては必要である。そのために、先進的なインターネット技術を最大限活用してリスクを回避することが求められるだろう」と話した。

シンガポールもカジノがオープンしたのは2010年であり、歴史が浅い分、他の国に比べて依存症対策に取り組むことができたのも事実であり、マリーナベイサンズとセントーサ島にあるカジノは連日多くの人で賑わっており、観光地が限られているシンガポールに訪れるきっかけにもなっている。実際に現金をチップに交換してのカジノ遊びになることから、どこまで依存症になった場合にセーブができるか未知数ではあるが、日本もカジノが解禁される前にしっかりとした依存症対策を施した上で解禁されることが望ましいだろう。

取材・文/鳥海高太朗

@DIME編集部

最終更新:8/14(月) 8:27
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント