ここから本文です

2000本安打の偉業の陰で、阿部慎之助はライバルのエースも育てた

8/14(月) 11:54配信

webスポルティーバ

 巨人・阿部慎之助が8月13日の広島戦(マツダスタジアム)でプロ野球史上49人目となる通算2000本安打を達成した。巨人の生え抜きでは川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、柴田勲に次ぐ5人目の偉業だった。

【写真】日米通算2000本安打の福留孝介が語る「忘れられない1本」

 中央大から巨人に入団した阿部は、ルーキーイヤーの2001年3月30日、阪神との開幕戦(東京ドーム)に「8番・捕手」で先発出場を果たし、星野伸之からプロ初打席・初安打・初打点という鮮烈デビューを飾った。その後は、長らく巨人の主軸として、また正捕手としてチームの黄金期を支えた。

 阿部の2000本安打達成についての取材を考えたとき、真っ先に思い浮かんだのがヤクルトの石川雅規だった。

 年齢は阿部が1歳上だが、ともに東都大学リーグ出身(石川は青山学院大)で、2000年のシドニー五輪でもチームメイトとして世界と戦い、プロ入り後はセ・リーグのライバルとしてしのぎを削ってきた。なにより、現役のなかで阿部との対戦がいちばん多い投手が、石川なのである。

 早速、石川に話を聞くと、こちらの予想以上に阿部への強い思い入れがあった。

「今まで多くの偉大な先輩がいましたけど、年齢が近くて、ずっと第一線でやられ、対戦が多いのが阿部さんですから、やはり特別な存在です。大学も同じ東都で、僕が2年のときに阿部さんもいる大学日本代表に選ばれ、すごく面倒をみてもらいました。あの強肩と長打力は、当時からずば抜けていましたし、単純に憧れの先輩ですよね。プロに入ってからもすぐに試合に出て、ましてや巨人のクリーンアップをずっと任されている。僕は『阿部さんを抑えたら、プロの世界で生き残れるんじゃないか……』という思いで、なんとか抑えようとやってきました」

―― ふたりの対戦成績は、2005年からの数字を見ると、102打数34安打、打率.333、9本塁打となっています。

「めちゃくちゃ打たれているじゃないですか(笑)。学生のときもよく打たれましたし……。本当に抑えるのに必死というか、何を投げても打たれる印象で、打ち損じ待ちのときも多かったですね。阿部さんを抑えるためにインコースに投げきる練習をしたり、変化球を磨いたりしましたが、打つ技術がすごい。キャッチャーなので”読み”も鋭く、その”駆け引き”は対戦していて面白いというか、勉強になりました。いずれにしても、僕が言うのもおこがましいのですが、数字が示す通りの強打者です」

―― 打たれているとはいえ、年度別で見ると抑えているシーズンも多々あります。

「先程も言いましたが、阿部さんを抑えないとプロの世界でメシを食っていけないと思っていましたので……シーズンはなんとか抑えようと頑張りますし、対戦が長く続くと傾向も出てきます。偉大な選手とアマチュアのときから対戦し、全日本では同じチームとして近くでプレーできた。それにプロ入り後も同じリーグで10年以上も対戦できたことも嬉しいことですよね。阿部さんにはヒットやホームランを献上していますけど、僕自身、そのことで成長できた部分は間違いなくあると思います」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか