ここから本文です

【J1採点&寸評】FC東京1-0神戸|P・ウタカの決勝点でFC東京が2連勝!! J1初出場の“遅咲き守護神”が好守連発

8/14(月) 6:31配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京――J1初出戦を果たし、好守連発のGK大久保をMOMに。

[J1リーグ22節]FC東京1-0神戸/8月13日/味スタ



【チーム採点・寸評】
FC東京 6.5
前半は低調な内容だったが、スペースが生まれた後半に攻撃が活性。両サイドと中央を使い分けながら、チャンスを作った。
 
【FC東京|採点・寸評】
 
GK
MAN OF THE MATCH
 1 大久保択生 7
プロ10年目にしてJ1初出戦を果たし好守を連発。2連勝に大きく貢献した。特に、ハーフナーが放ったヘッドを片手1本で阻止した85分のセーブは、勝利を引き寄せた意味でも素晴らしかった。
 
DF
22 徳永悠平 6
プレーに迷いはなく、局面に応じて最善手を選択。マイボール時は、1列前の室屋を上手くサポートしていた。
 
14 チャン・ヒョンス 6.5
強靭なフィジカルを強みに、最終ラインの“壁”として立ちはだかる。高さのあるハーフナーとの勝負も決して引けを取らなかった。
 
5 丸山祐市 6.5
本職の守備に止まらず攻撃にも積極的に顔を出し、左サイドからの攻撃に厚みをもたらす。攻守両面でほぼミスなくプレー。
 
MF
8 髙萩洋次郎 6
長短織り交ぜたパスで攻撃を組み立てる。得点にはつながらなかったが、東の決定機を演出した27分のラストパスなど、随所にセンスを示した。
 
2 室屋 成 6.5
常に敵の背後を狙ってチャンスをうかがい、88分に大久保嘉のパスに抜け出して決勝点をお膳立て。右サイドからの攻撃を支えた。
 
37 橋本拳人 6(83分 OUT)
前半は大人しかったが、中盤にスペースができた後半になると動きが活性化。縦への抜け出しからチャンスを迎えるなど、攻守に鋭い動きを見せた。
 
38 東 慶悟 5.5(57分 OUT)
前半に比べ、後半はいくらか動きに躍動感が現われたが、リズムを生めないまま後半途中に交代。27分の決定機は決めたかった。
 
6 太田宏介 6
味方との距離感が悪かった前半は窮屈そうにプレー。後半に入り前線で起点ができると、果敢に左サイドを攻め上がり、セットプレーでは左足から正確なキックを放り込んだ。

【FC東京1-0神戸 PHOTO】P・ウタカが決勝ゴール!耐えたFC東京が神戸に完封勝利!

1/3ページ

最終更新:8/14(月) 6:31
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ