ここから本文です

パティスリーキハチ発の東京土産に新商品!「東京ウエハースバー」第2弾はキャラメル風味

8/14(月) 14:44配信

東京ウォーカー

子どもに向けたカラフルなパッケージの甘いお菓子や、大人が楽しめるビターな味わいの一品など、年齢や性別によって味の趣向は人さまざま。だからこそ手土産を選ぶ際は、誰もが喜ぶ商品を見つけ出すのに苦心してしまう。「パティスリー キハチ」では、そんな問題を解決してくれる商品がある。

【写真を見る】キャラメルやビターキャラメル、コーヒーの深いコクが楽しめるよう開発には特にこだわったという「東京キャラメルウエハースバー」

その商品は、累計71万本を売り上げたヒット商品「東京ウエハースバー」シリーズ第2弾となる、「東京キャラメルウエハースバー」(10個入り/1080円)。7月から登場している本商品は「さくさくのウエハースとキャラメルがよく合っている」「ミルクキャラメルのミルキーな甘さも、ほろ苦いビターキャラメルもどちらもおいしい」と30代から40代の男女を中心に好評を得て、販売からわずか1ケ月でありながら人気商品へと登り詰めた。

そんな「東京キャラメルウエハースバー」は、コクのあるキャラメルの味わいとミルクのまろやかな甘さが楽しめるミルクキャラメル、ほろ苦いキャラメルと香り豊かなコーヒーの深い味わいを楽しめるビターキャラメルが魅力の逸品。第1弾となる「東京フルーツウエハースバー」(10個入り/1080円)のフルーツとクリーム、ウエハースのコンビネーションと対比して、商品開発時にはキャラメルやビターキャラメル、コーヒーの深いコクや味わいを楽しめるようにこだわった。

パッケージは、カラフルでかわいらしい「東京フルーツウエハースバー」に対して、「東京キャラメルウエハースバー」では、ネイビーを中心とした落ち着いたカラーのトーンを採用。そのシックな見た目とおしゃれさから、新たに男性客、特にビジネスマンを中心に人気を得ている。

また、「東京フルーツウエハースバー」では甘酸っぱいストロベリーやレモンの風味が楽しめることから「東京キャラメルウエハースバー」と合わせて購入するお客さんも多いそう。相手が喜ぶ顔を考えるからこそ、ついつい悩んでしまう手土産。子どもから大人までみんなが喜ぶパティスリーキハチの「東京ウエハースバー」シリーズを手に、大切な人の元へ訪れてみてはいかがだろうか。【文・取材/竹内巴里】

最終更新:8/14(月) 14:44
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。