ここから本文です

永作博美、新木優子とのショットに「逆サバ?」と衝撃走る 素肌さらした手錠ショットには興奮の声

8/15(火) 9:00配信

おたぽる

 8日、医薬品メーカー・エーザイから発売されているビタミン剤『チョコラBB』の65周年記念PRイベントが行われ、現在放送中のCMに出演している女優の永作博美(46)と新木優子(23)、1990年代半ばにCM出演した高橋由美子(43)が登場。このスリーショットに対してネット上では、「永作博美、劣化知らず!」「一番年上とは思えない!」などと、衰え知らずな永作の美貌に注目が集まった。

「この日のイベントでは3人とも髪の毛をひっつめて登場。そのため顔がはっきりと確認できるのですが、親子ほども年齢の離れた新木にも負けない永作の若々しさにネット上では驚きの声が広まりました。ほぼ同世代の高橋もまた若さをキープしているのですが、高橋が独身なのに対して、永作は2児の母。そのため、『もしかして逆サバ読んでる?』『老化の速度が尋常じゃなく遅いのでは?』などと疑う声さえ飛び交っているようです」(芸能関係者)

 衰えないルックスとは反対に、その演技は円熟味を増している永作。来月24日からスタートするドラマ『連続ドラマW 沈黙法廷』(WOWOW)では、感情の起伏が乏しく表現の難しい役を演じるということだが、「私自身が歳を重ね、様々な人たちの人生に触れたり、経験を積んできたりしたからこその今、やっとこういう役に挑戦できるのかなと思います」と自信をうかがわせているため、ファンの期待が高まっている。

「同ドラマで永作が演じるのは、相次ぐ老人の不審死の容疑者となった女性。永作いわく『自分の運命を受け入れ、淡々とした日々を過ごす、そんな緩急のない女性』ということで演じるのは難しいとのことですが、演技への自信を見せているだけに、ファンからは放送を心待ちにされているようです。また、今月4日には、永作が裸で手錠をつけただけのように見える姿で、祈るように手を結んでいる上半身アップのビジュアルが公開されたため、『色っぽいシーンもあるのかな?』『裸に手錠ってかなりフェチ心を刺激される』などと、さらに注目度が増したようです」(同)

 10代の頃はアイドル活動をしていた永作。最近では、AKB48グループや乃木坂46のメンバーが卒業後、女優に転身するケースが目立っているが、永作はその成功モデルとしても注目されている。

最終更新:8/15(火) 9:00
おたぽる