ここから本文です

スーパーサミットのチラシが面白いと評判 その理由とは?

8/16(水) 6:30配信

マネーポストWEB

「あなたもこのチラシを見て来たの? 少し遠いけど、あまりにおもしろいから思わず足をのばしちゃった」
「いつも笑えるわよね。どんなチラシが来るのか、毎週楽しみなの」

 これは6月下旬に、関東を中心に展開するスーパーマーケットチェーン、サミットの「総菜選挙2017」の折り込みチラシを見て店頭まで足を運んだ主婦たちの会話だ。

 総菜選挙とは、サミット自慢の総菜の中から、消費者の投票で、ナンバーワンを決めるというイベント。6月21日から7月2日までサミット全店で投票が行われ、実際の選挙さながら、ポスターや投票箱が設けられた。出馬した各商品のバイヤーたちは、

「お値段そのまま、とんかつを1.5倍に増量します!」 「焼とり全品88円セールを実施します!」

 と公約をチラシに掲げ、選挙を盛り上げた。結果、1位になったのは焼とり。公約通り88円セールを行った。

 サミットのチラシが主婦の注目を集めたのは、この時ばかりではない。選挙以外にも、父の日には「プレミアムファーザーズデー」を実施。「『父の日』はみ~んなプレミアムな一日を!」という本家・プレミアムフライデー風のキャッチフレーズとともに、まぐろ、ステーキ肉、ケーキ、ビールなどの特売をアピール。

 夏休みスタート時には、食の豆知識をわかりやすくイラストで説明した「サミットこども新聞」をチラシに掲載。クイズ形式の紙面は、親子で一緒に楽しめると大きな話題になった。

 サミットは以前からチラシが凝っていると定評があったが、前述のような一風変わったチラシを頻繁に行うようになったのは、今年からだと言うのは、サミット営業企画部の菊地道江さんだ。

「昨年就任した新社長が策定した『サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする』という事業ビジョンを実践しています。お客様も社員も楽しくなるような企画を考えています。『総菜選挙』は、AKB48の選抜総選挙からヒントを得た社長の発案です」

1/2ページ

最終更新:9/7(木) 17:11
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。