ここから本文です

この手があったか!世界最強の自転車盗難防止ロック『SEATY LOCK』

8/16(水) 13:10配信

@DIME

「その発想があったか!」と思わずうなる自転車用アイデア商品が、またクラウドファンディングから生まれた。品名は『シーティーロック』(『SEATY LOCK』)。メーカーのSeatylock社が、「世界最強の自転車盗難防止ロック」とうたう、新発想の防犯グッズである。

これまでの自転車盗難の対策は、基本的に「ツーロック」といって、2つの錠をかけておくというものであった。シティサイクル(ママチャリ)の場合、購入時に後輪にシリンダー型馬蹄錠がついているが、これは解錠されることが多いので、もうひとつ錠を買い求め、二段構えで盗難を抑止する。それなりの値段がして盗難リスクの大きいロードバイクなら、頑丈なU字型錠2個を用いて万全の備えをする、というものである。

実は、「これは無理だろう」と思うようなU字型錠でも、「プロ」の自転車泥棒がある種の工具を使えば、一発でこじ開けられてしまうという。これに対抗して、オートバイにも使える強力なチェーンロックという手があるが、ひたすら重く、実用性に難がある。

『シーティーロック』は、「U字型錠よりも解錠が困難で、かさばらないものを!」というユーザーの切なるニーズに応えたもので、「Kickstarter」で初お目見えしたときは、1,400人近い支援者から約14万ドルの支援をとりつける成功を収めた。そして、このたび日本のクラウドファンディングサイトの「Kibidango」にて、『SEATY LOCK事務局』が支援者を募集している。

『シーティーロック』の仕組みは、サドルが駐輪時にロックに早変わりするというもの。自転車から降りて、ワンクリックでサドルを外し、サドルに収納されていた連結金具を手で伸ばす。あとはふつうのワイヤーロックの要領で、愛車をロックするだけ。慣れると全行程が10秒で行える。

■サドルがロックになる新発想の『シーティーロック』

見た感じは華奢な印象を与えるが、素材は「軍で使われるレベルの強化化合物や金属」で、強靭さは折り紙つき。U字型錠を切断できるボルトカッターでも、プラスチック表面に傷をつけることしかできない。

『シーティーロック』の自重は1.3kgあるが、サドルを兼ねての重量であり、しかも乗っているときはサドル内側に格納されているから、余計な荷物感はゼロ。しかも、いたずらでサドルだけを持っていかれる心配もない。

購入時は、既存のサドルを外す手間はあるが、それほど難しくはなく、ビギナーサイクリストでもすぐに導入できる。人間工学を考慮したデザインで、乗り心地はとても快適で、以前のサドルが恋しくなることもないはずだ。

価格は1万6800円(税・送料込み)を予定しているが、「Kibidango」では早割キャンペーンを実施中。過去に高価なロードバイクを盗まれた苦い経験がある人には、コスパ的にも納得のゆく価格なので、これを機会に購入してはいかがだろう。

文/鈴木拓也

@DIME編集部

最終更新:8/16(水) 13:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた