ここから本文です

「乾は今の好調を続け、柴崎はヘタフェの中心になってほしい」元銀河系戦士モリエンテスがリーガ新時代の希望を語る

8/17(木) 19:10配信

footballista

昨シーズン、レアル・マドリーが5シーズンぶりの優勝を成し遂げたリーガエスパニョーラ。そして17-18シーズンが、いよいよ8月18日(金)に開幕する。Rマドリーの連覇か、永遠のライバル・バルセロナの王座奪還か、はたまたジャイアントキリングか。エイバルの中心選手として飛躍を続ける乾貴士や、1部昇格を果たしたヘタフェに加入し10番を背負う柴崎岳にも注目が集まる。

そこで今回、現役時代はジダンらとともに銀河系軍団のメンバーとして活躍し、現在はリーガエスパニョーラのアンバサダーを務める元Rマドリーの伝説的FWフェルナンド・モリエンテス氏に、WOWOW「リーガダイジェスト!」の番組MCを務めるペナルティのヒデが今季のRマドリーとバルセロナ、活躍が期待される日本人プレーヤーの展望を聞いた。


「柴崎が1部で活躍できる可能性は高い」


ヒデ:「実は初めてではないのですが、覚えていますか? 昔、某テレビ番組で僕のパートナーが芝刈り機というものまねで」


モリエンテス:「よく覚えています(笑)。すごく面白かったですし、楽しい思い出ですよ。日本人には、常にそのことを言われます(笑)」


ヒデ:「うわーうれしい。訪日は何度目になりますか? 日本の好きなところがあったら教えてください」


モリエンテス:「今回が5度目です。日本は大好きな国で、東京という街も好きですし、文化が好きです。毎回来るたびに暖かい歓迎があるのもうれしいですね。あとは食べ物が好きです。しゃぶしゃぶ、寿司、刺身……」


ヒデ:「昨年(レアル・マドリーの)ペレス会長とお話させていただいて、ぜひ日本に来たらしゃぶしゃぶを食べようとお話ししたんですけど、いっこうに連絡が来ないと伝えておいてください(笑)。まずは、リーガエスパニョーラでプレーする日本人選手についてお聞かせください。昨シーズンの最終節バルセロナ戦で2ゴールを決めたエイバルの乾貴士選手ですが、どのような印象をお持ちですか?」


モリエンテス:「乾はリーガエスパニョーラにおいて日本を代表する存在です。彼のプレーを見ると、パスが上手くてバランスの取れた選手だと感じます。エイバルで充実したシーズンを過ごしていますし、それがバルセロナ戦で決めた2ゴールで証明されたと思います。今の好調をこのまま続けてほしいですね」


ヒデ:「今シーズンからヘタフェに加入した柴崎岳選手はご存知でしょうか?」


モリエンテス:「もちろん、知っています。昨シーズン途中に1部昇格を争うテネリフェに加入し、とても良いプレーをしていました。今シーズンはヘタフェの中心選手として活躍することを期待しています」


ヒデ:「柴崎選手は2部での活躍が評価されて、今回の移籍が実現しました。1部で活躍するために求められることは何ですか?」


モリエンテス:「ヘタフェは、環境が整ったマドリッドに本拠地を置くチームです。彼がこれまでいたテネリフェとは異なった生活になるので、まず新しい環境に慣れて、プレーに集中することが大事だと思います。1部と2部でレベルの差があるのは確かですが、彼は昨シーズンすでに2部で活躍しているので、スペインの文化や言葉、そしてスペイン人がどれだけサッカーを愛しているのか熟知しているはずです。アドバンテージがある分、1部で活躍できる可能性は高いと思っています」


ヒデ:「日本のサッカーが世界と互角以上に渡り合うために必要なことは何だと思いますか?」


モリエンテス:「よくスペインと他の国の違いを聞かれますが、サッカーは若い年代からの育成期間が大事なので、育成がしっかりしている国は強いと思います。8歳から18歳の間にどれだけサッカーを好きになって、プロになることを意識できるかが重要です」


「監督としてのジダンは新しい発掘」


ヒデ:「ここからはRマドリーとバルセロナのお話を中心におうかがいしたいと思います。昨季はRマドリーが5シーズンぶりの優勝を成し遂げました。今季のRマドリーに期待していることを教えてください」


モリエンテス:「今シーズンのRマドリーに期待するのは、チーム内の競争力を上げることと、主要な大会で常に上位につけることです。リーグ戦だけではなく、チャンピオンズリーグ(CL)やコパ・デルレイ(スペイン国王杯)でも良い結果を出し続けてほしいと思っています」


ヒデ:「モリエンテスさんが現役時代、チームメイトだったジネディーヌ・ジダンがRマドリーの監督をされています。どのように評価されていますか?」


モリエンテス:「監督としてのジダンは新しい発掘でしたし、それを実現させたRマドリーは素晴らしいと思います。みなさんがご存知の通り、彼は世界中のサッカーファンを沸かせてきたプレーヤーの印象が強いですが、今は監督として輝かしい功績を残しています。まさに、スペインサッカー界になくてはならない存在です」


ヒデ:「たくさんのスター選手が在籍しているRマドリーですが、先発11人を束ねることはとても大変なことですよね?」


モリエンテス:「そうですね。戦術面はこれまでと変わらず、攻撃的に戦って守備でリスクを取るスタイルなので、毎試合スタメン11人を束ねることが彼の中で一番大変な仕事だと思います」


ヒデ:「一方、昨シーズン惜しくも2位に終わったバルセロナは今季からエルネスト・バルベルデ監督が就任しました。どんな印象をお持ちですか?」


モリエンテス:「バルベルデ監督は、今まで率いてきたチームで良い成績を残していますし、バルセロナのことを熟知しているので、とても合うと思います。監督が変わればシステム変更も予想されますが、バルセロナはメッシ、ルイス・スアレスらを中心とした[4-3-3]を継続するでしょうね」


ヒデ:「Rマドリーとバルセロナ以外で注目しているチームを教えてください」


モリエンテス:「Rマドリーとバルセロナが注目されがちですが、他にも素晴らしいチームはたくさんあります。アトレティコ・マドリーはリーグ戦で毎年上位にいますし、CLでも結果を残しています。近年、バレンシアがCLに出場できる順位にいませんが、力のあるチームだと思っているので、今後に期待しています。あとは、昨年上位につけていたセビージャとビジャレアルも良いチームなので注目したいですね」


ヒデ:「では最後にあらためて、リーガエスパニョーラの魅力を教えていただけますでしょうか?」


モリエンテス:「リーガエスパニョーラの魅力は世界最高峰のチーム、選手が在籍していることだと思います。Rマドリー、バルセロナのような世界を代表するクラブはもちろん、Aマドリーやセビージャといった強豪クラブによるレベルの高い試合がたくさん繰り広げられるので、たくさんの方に注目してほしいです」

● ● ●

 リーガエスパニョーラのアンバサダーとして、2大クラブだけではなくリーグ全体の魅力と期待を語ってくれたモリエンテス氏。これまで日本人が活躍できないと言われ続けてきたリーガにも、乾貴士選手や柴崎岳選手のように実力を発揮して、チーム内で確固たる地位を築き貢献する選手が出てきた。長らく続いたバルセロナの天下から、Rマドリーが真の世界最強クラブに生まれ変わりつつある今、様々な選手が輝きを放ち、すべての試合に見どころが散りばめられた“リーガ新時代”から目が離せない。

■プロフィール
フェルナンド・モリエンテス

9年間にわたりスペイン代表で活躍し、歴代4位の27得点を記録。2010年の現役引退後(※2015年の一時的な現役復帰は除く)、指導者を経て現在はリーガエスパニョーラのアンバサダーを務めている。

(記事提供 WOWOW)

最終更新:8/17(木) 19:12
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 052
12月12日(火)発売

特別定価950円(税込)

[特集]
ワールドカップ32カ国 組分け決定
日本と、世界と、革新する戦術