ここから本文です

錦織、「今季絶望」の衝撃は世界に波及 米メディア「ケイが最新の犠牲者に」

8/17(木) 9:12配信

THE ANSWER

右手首の腱損傷で今季残りの全日程を休養「手首から破裂音が聞こえました」

 男子テニス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が右手首の腱損傷により、今季残りの全日程を休養することが決定。海外メディアは故障者続出のトップ選手の現状から「ケイ・ニシコリが最新の犠牲者に」と衝撃とともに伝えている。

【動画】錦織が「ウサ耳」姿に!?…「テニスTV」が紹介した現役選手たちによるフェデラーへの誕生日祝福メッセージ

「ケイ・ニシコリが最新の故障の犠牲者に。手首の問題で今季終了」と特集したのは米ESPN電子版だ。錦織は米シンシナティで開催中のウェスタン&サザン・オープンの大会前、14日の練習で利き腕の手首に異変が起きたという。

 記事によると、錦織のマネージャーは錦織の故障の状況を発表した。

「シンシナティでの練習中にケイはサーブを打っている際、手首から破裂音が聞こえました。我々は病院に直行し、MRI検査を受けました。昨日は我々はMLBの数々の投手を診察してきた有名な手首の権威の診断を受けました」

 今季、臀部や右手首の故障に苦しんできた錦織の利き腕が全米オープンの前哨戦前の練習で悲鳴を上げ、様々な権威の医師に診断を受けたが、待っていたのは悲報だったという。

待っていた悲報「右手首の腱の一つに裂傷があることが明確になりました」

「彼ら全員の診断を受けた結果、ケイには右手首の腱の一つに裂傷があるということが明確になりました。現時点では我々は手術をしない方針を選択しました。ケイはギプスをしています。来週、痛みが和らいだ時点で、次のステップを検討することになり、2017年の全日程を欠場します。来季に向け、激しい練習ができるように準備を進めていきます」

 声明文ではすでに錦織はギブスで患部を固定する一方、保存治療を選択したことを明らかにしている。

 錦織以外にも、アンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者が今季、故障離脱を余儀なくされ、スタン・ワウリンカ(スイス)は膝の手術を受けていた。

 現時点ではロジャー・フェデラー(スイス)を含め、トップ10のうち、7選手がウェスタン&サザン・オープンを欠場することになっており、過密日程の男子シングルスでトップランカーは故障者が続出している。

 英地元紙「デイリー・メール」も「ケイ・ニシコリは故障により、今季休養を発表した最新のリーディングプレーヤーとなった」とレポート。錦織、ジョコビッチ、ワウリンカのトップランカー3人が全米オープンを欠場することになったと報じた。

 満身創痍が相次いで離脱する中、今季故障に苦しんできた日本のエースもキャリアの苦境に直面することになった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/18(金) 13:39
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。