ここから本文です

数千年前の「飲料水用プラスティックボトル」が、先住民族の健康を蝕んでいた?

8/18(金) 7:30配信

WIRED.jp

1万年前以上前からカリフォルニア州チャンネル諸島に居住していた人々は、5,000年ほど前から健康状態が悪化している。タールでつくられた「プラスティックの水差し」が彼らの健康を害していたかどうかが分析された。その結果わかったことは。

海に流されたプラスティックゴミは「食塩」に混じって食卓へ

「飲料水用プラスティックボトルはリサイクルへ。未来の考古学者が数千年後に発掘することにならないように」

こんな公共広告を見たことがあるかもしれない。だが、いまの考古学者が、すでに数千年前の飲料水用プラスティックボトルを発掘していた──という話を聞いたことがある人は少ないのではないだろうか。

これはタイムトラヴェルの話ではない。そのボトルは透明ではなく漆黒で、ラベルもついていない。先住民の部族が、植物を編んでつくった大きな電球型の水差しに、「瀝青(れきせい)」と呼ばれるタールのような物質を塗布したものだ。

研究者たちは、ずっと以前からこの水差しのことを知っていた。しかし、こうしたプラスティックの水差しが、大昔の人々の健康状態に何らかの悪影響を与えていたかどうかについては、ここ数年まで考慮されてこなかった。

カリフォルニアの先住民をめぐる謎

かつてカリフォルニア沿岸の島々には、先住民の部族が住んでいた。そして彼らの数千年前の骨を見ると、不可解な健康状態の悪化が見られる。

2017年6月23日付けで学術誌『Environmental Health』に発表された研究では、油分の多い瀝青からプラスティックをつくること、およびそのボトルに液体を入れておくことの毒性の強さが計測されている。

現代の飲料水用プラスティックボトルは、製造原理としては昔のものと大きな違いはない。しかし、BPA(ビスフェノールA)やDEHA(アジピン酸ジエチルヘキシル)、PET(ポリエチレンテレフタレート)といった分子が健康問題を起こすほどの量、中の液体に浸出する危険性は低い。たとえ、ボトルを凍らせたり再利用したり、電子レンジで温めたりしたとしてもだ。

ただし、昔のプラスティックとなると話は別である。

瀝青は基本的にはアスファルトだ。低温では高密度で粘性があり半固体だが、熱せられると水っぽい可鍛性の物質になり、PAH(多環芳香族炭化水素)を発生させる。PAHはガンなどの健康問題を起こすことが指摘されている物質で、発生源はタバコの煙や木片を燃やしたときの煙、そのほか煙が出るものだ。

カリフォルニア州ロサンジェルスの数マイル沖合に、チャンネル諸島と呼ばれる島々がある。「チャンネル諸島は、南北アメリカ大陸のなかでほぼ継続的に人が住んできた、北米でも数少ない地域のひとつです。少なくとも産業化時代まではそうでした」と説明するのは、ワシントンD.C.にある国立自然史博物館の人類学者サブリナ・ショルツだ。「チャンネル諸島に人が住んでいたことを示すもっとも古い証拠は13,000年前のものです」

この島には、総称して「チュマッシュ族」と呼ばれる先住民が住んでいた。大きな謎は、彼らの健康状態がなぜか約5,000年前から全体的に悪化し始めたことだ。

現存する骨を見ると、その時代のものから骨の質が劣化し始めている。発育が悪く、頭蓋骨が小さくなり、歯も悪い。これらの原因はたくさん考えられる。栄養不良、不十分な衛生状態、感染症。島の人口増加による資源不足などを指摘する研究者もいる。だがショルツは、異なる仮説を立てた。

1/3ページ

最終更新:8/18(金) 7:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc