ここから本文です

「ユダヤ人はシャワーを浴びろ」でスイスのホテルが炎上した理由

8/18(金) 19:08配信

ニューズウィーク日本版

<スイスのホテルで、ユダヤ人を名指ししてプール前にシャワーを浴びるよう注意した掲示が非難を浴びている。なぜこんな掲示を? そしてなぜ炎上したのか?>

ユダヤ人はプールの前にシャワーを浴びてください――スイスのホテルに掲げられたそんな注意書きが、激しい非難を巻き起こしている。イスラエル当局も「最も悪質で最も醜悪なたぐいの反ユダヤ主義行為」と強い言葉で抗議したほどだ。

「金髪・付け鼻」はどうして差別になるのか?

炎上しているのは、スイス東部のアローザにあるアパートメントホテル「パラディース」。宿泊した正統派ユダヤ教徒の一家が掲示にショックを受け、ツイッターに画像を投稿したため瞬時に広まった。

宿泊した一家はイスラエルのテレビの取材に応え、「ホテルのスタッフの接客はとてもよかったが、この掲示を見て衝撃を受けた」と語った。

イスラエル当局も黙ってはいなかった。ツィッピー・ホトベリー外務副大臣はこの「反ユダヤ主義」事件について駐スイスのイスラエル大使と議論し、責任者を処罰すべきだと主張した。

ユダヤ人を名指ししたことが差別的であるだけでなく、「シャワー」という言葉が特に神経に触った可能性もあると、メディア関係者らは指摘する。かつてユダヤ人たちがホロコーストでシャワーと称してガス室に送られた過去があるからだ。

同ホテルには厨房にもユダヤ人に向けた掲示があった。それによれば、「ユダヤ人のお客様へ。冷蔵庫は午前10~11時と午後4時半~5時半以外は使用禁止です。スタッフが常時迷惑を掛けられたくないことをどうぞご理解ください」。

非難の高まりを受け、同ホテルの支配人ルス・トーマンは地元紙などの取材に応え、「反ユダヤの意図は全くなかった」と釈明した。「言葉の選び方に問題があったかもしれない。ユダヤ人と書く代わりに全宿泊客と書くべきだった」

「Tシャツのままプールに」「コーシャ食品を保存」

トーマンの主張によれば、同ホテルには正統派ユダヤ教徒を含むユダヤ人の宿泊客が多く、彼らの中にはTシャツなど服のまま、シャワーも浴びずにプールに入る人がいるという。また、冷蔵庫については、コーシャ食品(ユダヤ教の教義に従った食品)を保存するためユダヤ人宿泊客だけが利用したがるのだと言った。

だが実際のところ、マナーをわきまえないユダヤ人客が多かったのかは明らかでない。正統派ユダヤ教徒では、公共のプールなどでは男性専用と女性専用を分けること、女性はムスリム女性の水着ブルキニに似た体を覆う水着を着ることなどが定められているが、シャワーを浴びず服のままプールに入るのが習慣とは言えない。

むしろ問題なのは、欧米で今も根強く残るどころか、ここ20年で勢いを増しつつある反ユダヤ主義だ。アメリカで16年に発生したユダヤ人に対する嫌がらせや犯罪などの事件は1266件で前年比34%増。イギリスでは今年これまでに767件のユダヤ人ヘイト事件が起こり、過去最高を記録している。

ノルウェーのオスロ大学の最近の調査によれば、フランスではユダヤ人の84%が、ドイツとスウェーデンでは60%が国内の反ユダヤ主義を「深刻」だと捉えており、身の安全のため国外移住を考えている人も多かった。欧州で近年反ユダヤ主義が高まっているのはイスラム人口の増加が関係しているとも指摘している。

渦中のホテルは既に掲示を撤去した。だが欧米社会に漂う反ユダヤ感情に神経をとがらせていたユダヤ人たちの怒りは、この事件を機に爆発。ツイッターではホテルのボイコットを呼び掛ける声が広がっている。

ニューズウィーク日本版編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-11・21号
11/14発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

ニューズウィーク日本版の前後の記事

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。