ここから本文です

【J1展望】浦和×FC東京|浦和のスタメン、ついに生え抜きゼロか

8/18(金) 17:03配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――マウリシオがリーグ戦デビュー、遠藤は右ストッパー起用へ。

J1リーグ23節
浦和レッズ‐FC東京
8月19日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
8位 勝点33 10勝3分9敗 48得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●マウリシオのリーグ戦デビュー濃厚。
●森脇、宇賀神は別メニューが続き欠場か。
●ACLとの連戦を控え、ボランチと前線の顔触れは読めず。
 
【担当記者の視点】
 シャペコエンセ戦で結果を残したブラジル人DFマウリシオのリーグ戦デビューが濃厚だ。リベロ起用となりそうで、「非常にいい形でプレーできている。第一に失点しないこと」と抱負を語る。
 
 スルガ銀行チャンピオンシップで右脚の付け根を痛めた森脇と宇賀神は別メニュー調整が続いており、特に森脇は欠場の可能性が高い。遠藤が右ストッパーで先発しそうだ。もしも宇賀神が欠場した場合、スタメンからついに浦和の生え抜き(新卒やユース出身)が消えてしまう。いずれにせよ、そういった陣容になる日は遠くなさそうだ。
 
 ここからACLやルヴァンカップの連戦が続くだけに、堀監督の手腕が試される。負傷離脱していた青木も戦線に復帰。ボランチや前線の顔触れは試合当日まで読めず、意外な抜擢もあり得るかもしれない。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

FC東京──両ウイングバックの室屋と太田が主導権を握りたい。

J1リーグ23節
浦和レッズ‐FC東京
8月19日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
FC東京
J1(22節終了時):9位 勝点33 9勝6分7敗 29得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●前節は神戸に1-0と完封勝利。
●その神戸戦でGKの大久保択がビッグセーブを披露。
●中島がポルトガルのポルティモネンセに移籍か。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップの広島戦(7月26日)で3-1-4-2にシステムを変更して以降、公式戦5試合の戦績は3勝2分け。リーグ戦では2連勝と徐々に調子を上げている。
 
 ただ、今節の相手は“苦手”な浦和。昨季はカップ戦も含め4戦全敗、今季もホームでは0-1と敗れている。サイドの攻防がひとつのポイントになる今回の一戦では、ウイングバックの室屋と太田がそれぞれの持ち場で主導権を握れるか。相手にとってもポイントなだけに、その攻防を制して、チームに流れをもたらしたい。

最終更新:8/18(金) 17:18
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)