ここから本文です

宮迫・斉藤由貴だけじゃない!不倫疑惑の“常連さん”6人

8/19(土) 8:50配信

女子SPA!

『週刊文春』(8月9日発売号)に不倫を報じられた宮迫博之。

 元々、浮気者キャラとしてバラエティ番組でイジられていたため大した痛手ではないかと思いきや、2014年からキャラクターを務める保険会社・アフラックのHPからCM動画が削除され、CM降板までもささやかれるほど事態は悪化しています。

 時をほぼ同じくして、これまた文春砲の餌食になったのが女優の斉藤由貴。8月3日発売の同誌にて、横浜市在住の医師とのW不倫を報じられました。

 宮迫同様、斉藤も、不倫したのは今回が初めてではありません。過去には尾崎豊や川崎麻世と一線を越え、その度に釈明会見を開いています。芸能界の不倫を繰り返す困った人たちを見てみましょう。

◆浜田雅功 グラドル、AV女優など度々の不倫報道

 最も新しいところでいえば2014年6月に『フライデー』が報じた、グラビアアイドル・吉川麻衣子との不倫でしょう。番組共演者だった吉川と都内にある高級デザイナーズマンションで同棲生活を送っていたといい、浜田はその後、「羽目をはずしすぎた」と謝罪しています。

 しかし過去に遡れば、妻・小川菜摘の妊娠中にAV女優と関係を持っていたことを認めており、その他にも川村ゆきえや小向美奈子とも噂が流れました。なかなかの常習犯といえるかもしれません。

◆アレクサンダー 浮気キャラだけじゃなく実際に

 元AKBの川崎希と2013年に結婚して以降、じつに30回以上も浮気がバレているというアレクサンダー。もはや常習犯すぎて、テレビでも何度もネタにされています。

 そんなアレクサンダーは3月24日発売の『フライデー』に自車のベンツでカーセックスをしているところを激写されました。川崎が不妊治療を乗り越えようやく第一子を妊娠した最中ということもありさすがに離婚か!? と思いきや、これまた回避。

 報道が出てすぐ「のんちゃん いろいろごめんね…。」と書かれたケーキをアップし、妻の許しを請いました。

 この夫婦にはこれからも別れないでほしいですね!

◆渡辺謙 前妻との離婚裁判で斉藤由貴の名前も出た

『週刊文春』(3月30日発売号)が大阪出身の30代女性との3年に及ぶ不倫をスクープ。その後、会見で報道内容を認め謝罪したことは記憶に新しいですよね。

 そんな渡辺は2年に及ぶ調停の末、2005年に前妻と離婚しています。その時の裁判では、斉藤由貴や若村麻由美らとの関係が取り上げられたといわれています。元妻の借金問題も離婚の一因ですが、女癖の悪さを正すのはなかなか難しいようです。

◆布袋寅泰 不倫のちに今井美樹と再婚。また高岡早紀とW不倫キス

 歌手の山下久美子と結婚していた頃、現在の妻である今井美樹との関係をスタート。不倫の末、1999年に今井と再婚しました。

 カリスマミュージシャンであるがゆえ、モテるのはいたしかないところでしょう。再婚からわずか5年後の2004年6月、今度は高岡早紀とのディープキス&抱擁現場を『フライデー』に撮られてしまいます。当時高岡は保阪尚希と結婚していたためW不倫ということですね。

 今井はしっぺ返しを食らったわけですが、布袋にきっちりお灸を据えたことでしょう。

◆小渕健太郎 相手に既婚と知らせずに不倫

「コブクロ・小渕健太郎の過去の不倫が次々発覚」と題して、『週刊新潮』(2016年10月27日号)が2人の女性の証言を紙面に掲載しました。

 記事によれば2004年、当時30代前半の女性タレントAさんといい感じに。この時、小渕は糟糠の妻がいることを公表していなかったため、Aさんは健全な恋人同士だったと思っていたそうですが、スポーツ紙が本妻の存在を報道する直前に告白されたといいます。

 そしてもう一人は大阪のホステスBさん。2009年のツアー中に来店した小渕は、その後Bさんとベッドイン。女性を部屋に誘うメールまで掲載されていました。

◆新山千春 人気ヘアメイク男性、清水良太郎と…

 2004年に当時ジャイアンツに所属していた元プロ野球選手の黒田哲史と結婚し、1女をもうけました。

 ところが黒田が現役を引退して2年後の2009年、娘を母親に預け人気ヘアメイク男性と手繋ぎ&お泊まりデートを楽しむ姿を女性週刊誌が掲載。さらに2013年にはタレントの清水良太郎との子連れデート現場が目撃されました。

 結局2014年12月に黒田と離婚。テレビ番組で不倫を否定していましたが、ネガティブなイメージは消えないようで。

<TEXT/女子SPA!編集部>

女子SPA!

最終更新:8/19(土) 8:50
女子SPA!

Yahoo!ニュースからのお知らせ