ここから本文です

夜な夜な水着ギャルが集まる「ナイトプール」で何が起きているのか?

8/21(月) 22:08配信

KAI-YOU.net

平日の夜でも、女性で賑わう注目スポットがある。

10代・20代の女性を中心に、「インスタ映え」「SNS映え」に良い写真が撮れるとして、ここ数年で人気を集めている「ナイトプール」だ。

【開放的なナイトプールのギャルたちの写真】

ホテルや旅館に併設されているプールを一般に解放し、DJを呼び込んだりプロジェクションマッピングで幻想的な映像演出を行ったりと、施設側も積極的にナイトプールを盛り上げる施策を行っている。

そして、8月31日(木)までお台場にもこのナイトプールがオープン。「今一番インスタ女子とパリピが集まるスポット」と聞けば、KAI-YOU編集部も潜入しないわけにはいかない。

せっかくのナイトプールなのに、ここ一番の大雨で…?

「お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」は、日本最大級のウォータースポット「水の王国」を擁する長崎が誇るハウステンボスがプロデュース。

お台場の夏の夜を楽しめる「大人の水遊び」を提供するというコンセプトで、巨大なナイトプールやウォーターアトラクションが用意されている。

が、残念ながら取材に訪れた7月29日の土曜は、ここ一番の強い雨が降り注いだ。

降りしきる雨を前に、取材班は、自分たちのヒキのなさを呪いながら「さすがのパリピも今日はワザワザ来ないだろ…」となかば諦めかけていた。

しかし、夜の部開園の18時に会場に到着すると、取材班は今度は、自分たちの浅はかさを知ることとなった。

週末のパリピが雨に負けるわけなかった。

「どうせ濡れるし雨なんて気にしない」。楽しそうにプールサイドではしゃぐギャルたちから、もっともな意見を頂戴した。

ナイトプール盛況を報道するメディアが増えている今夏、テレビでも特集されているが、「化粧が落ちるから泳がない」「水に顔をつけない」という女性の発言を発端に、ネット上では「なら行くな」「泳ぐ人に迷惑」といった批判を集めたことがあった。

しかし実際は、土砂降りの雨にも負けず、ずぶ濡れの中で遊び尽くすパリピたちの姿がそこにはあった。

1/2ページ

最終更新:8/23(水) 22:33
KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ