ここから本文です

「長友は特別に素晴らしい」 インテル監督が復活の左SBを絶賛、次節先発も示唆

8/21(月) 12:40配信

Football ZONE web

開幕戦に3-0勝利後、スパレッティ監督が長友の働きを高く評価

 インテルの日本代表DF長友佑都が、20日のセリエA第1節フィオレンティーナ戦で3-0の勝利に貢献した。4バックの左サイドで先発フル出場を果たした長友は、前半6分にエースFWイカルディが決めたPKによる先制点を導く縦パスを送るなどの活躍を見せた。

【動画】選手も観客も唖然… インテル長友同僚が決めた史上稀に見る40m「超ロングオウンゴール」

 ルチアーノ・スパレッティ新監督は試合後、就任直後に戦力外を示唆しながらも、不死鳥のように蘇った男を「ストラオルディナリオ(特別に素晴らしい)」と称賛。26日の敵地ローマ戦での先発起用も明言した。

 難敵フィオレンティーナ相手に左サイドで躍動した長友を待っていたのは、指揮官の称賛だった。試合後の記者会見で、スパレッティ監督は高い評価を口にした。

「長友はストラオルディナリオだ。攻撃の面でも、守備の面においても、だ。次の試合も彼がプレーするだろう。彼はチームのためにプレーしている。サイドバックとして、ディフェンスの態度がしっかりとできていた」

“ストラオルディナリオ”とは、イタリア語で「特別に素晴らしい」という意味の賛辞。長友は指揮官から、最大限の信頼を手にしたようだ。

右SBとの「バランスが最高に良かった」

 右サイドバックのダンブロージオとの関係も絶妙だったという。

「右サイドバックとのバランスが最高に良かった。どちらかが攻撃に出れば反対側が下がり、うまく連携していた。アンサルディとダルベルトもチームに貢献できるが、僕は選択しなければならなかった。いい選択をするように努める」

 スパレッティ監督はこう語った。昨季のスタメンだったアルゼンチン人DFアンサルディ、ニースからやってきたブラジル人DFダウベルトがチームに在籍。さらにバレンシアから、ポルトガル代表DFジョアン・カンセロもやってくる。

「バレンシアから新しいサイドバックを獲るので、結局6人になる。リーグ戦だけ戦うのにサイドバックが6人。相当多い。めちゃくちゃ厳しい」と、苦笑混じりにサイドバック過多というインテルの戦力状況を振り返った長友だが、新監督就任時の低評価を見事に覆した非凡な男はチームの開幕戦白星スタートに貢献し、最高の滑り出しを見せた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(火) 17:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新