ここから本文です

「汗かき役」から脱却へ。岡崎慎司、次はマンU戦で開幕3連発なるか

8/22(火) 11:25配信

webスポルティーバ

 岡崎慎司という選手は、こうやって階段をひとつひとつ上がってきたのだなと、そう感じさせる第2節・ブライトンとの一戦だった。

【写真】香川、大迫はW杯予選に間に合うのか?

 試合開始から52秒で先制点を挙げると、16分には相手のミスを拾ってFWジェイミー・バーディーにラストパス。イングランド代表FWのシュートがミートせずにアシストとはならなかったが、41分にもバーディーのクロスボールに左足で合わせてゴールを狙った。特に前半は危険な匂いを放ち続けていた。

 その理由はいったいどこにあるのか。岡崎は「リスクを恐れずトライを続けること」を今季の目標に掲げているという。

「積極的に前を向くプレーがゴールにつながっていると思う。(シュートが)外れてもいい気持ちでやっているんで。まあダメだったら、次の試合には出られないぐらいの気持ちで。

 ミスが割と多くなってきているとは思うけど、それもポジティブに捉えている。今年のキャンプからミスを覚悟してプレーしている。最初は(チームメイトから)溜息のように『えっ~』みたいな……。でも、それに慣れてくると、リスクを冒すプレーに変わっていって。ミスしても結果さえ出せれば(周りも)『何も言えないやろ?』って。守備もしながら、リスクを冒していくって感じです。昨季より相手の裏にガンガン走り込むことができている」

 たとえば、昨季ならロストボール時になると一目散に守備に戻っていたが、「遅れて守備に入る感覚でやっている。時と場合によるが、我慢して真ん中に残っている」という。「攻撃でアクションを起こすことを目的にプレーしている。だから、多少は守備に遅れても仕方ない」。その結果、危険なプレーが増えた。

 その延長線上にあるのが、試合開始から52秒後に訪れたゴールだった。MFリヤド・マフレズが右サイドからカットインし、ドリブルで中央へ侵入。左足を振り抜いたシュートがGKを強襲すると、いち早くこぼれ球に反応した岡崎がネットに押し込んだ。

 本人は「ラッキーでしたね」と、足もとにボールがこぼれてきた得点シーンを振り返る。だが、マフレズがカットインしたタイミングでニアサイドへの猛突進を開始した日本代表FWのフリーラン、こぼれ球に備えてゴール前に詰める動きがなければ得点は生まれなかっただろう。貪欲な姿勢がゴールを呼び込んだと言える。

 さらに、開幕から2試合を俯瞰(ふかん)すれば、連続ゴールで2ゴールを記録した意義も極めて大きい。

 レスター・シティ内における岡崎の長所は、FWながら守備に強く、豊富な運動量で献身的に走り回れること。一方、短所は昨季リーグ戦を3ゴールで終えた得点の少なさだった。それが、2試合で2得点。課題とされたゴールでの貢献度が増し、自身の存在価値を高めることにつなげている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ