ここから本文です

神田うの、夫婦仲良好も夫と別居状態 子育て優先で実家生活

8/23(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 神田うの(42才)が、大手パチンコチェーンなどを展開する実業家の夫と別居状態にあることがわかった──。

 8月上旬、数日間にわたって都内ホールで開かれた有名バレエ学校の発表会。かつて黒木瞳(56才)や君島十和子(51才)の娘たちが通い、今は市川海老蔵(39才)の長女が学ぶ超名門バレエ教室の今年の発表会では、全国から集まった約1500人の生徒がステージに立ったという。

 その最終日。まばゆいライトを浴びた子供たちと同じぐらい会場で目立っていたのが、ミニ丈の鮮やかな花柄ワンピースと白いハイヒールで美脚を見せつけていた神田うのだった。

「5才の娘さんの晴れ舞台を家族総出で見にきていらっしゃいましたよ。会場には旦那さんが先に着いていて、後からうのさんとうのさんのご両親が合流。うのさんはママ友も多いようでロビーでは笑顔でいろいろなかたにご挨拶されていました。でも、娘さんの出番になると、観客席から身を乗り出すようにしていたかと思えば、ホールの隅で腕組みして見守っていたり、真剣そのものといった様子でした」(保護者の1人)

 夫もうのの隣で、愛娘の姿に視線を釘付けにしていた。夕方、発表会が終わると、うのは一家で近所の中華料理店へ。仲睦まじい家族の団らんを見せていた。

 ところが食事の後、うのと娘が帰っていったのは両親が暮らす都内の一戸建て。かたや夫が帰ったのは、高級タワーマンション――夫婦の知人によると、それが最近のパターンだという。

「どうやら昨年後半くらいから別居状態になっているそうです。娘さんも『今度パパにいつ会う~?』なんて口にしていましたし、旦那さんも『うのは全然家に帰ってこないからなぁ』と話していましたね」

 うのといえば、タレントのかたわら、ストッキングやウエディングのブランドを立ち上げて年商数十億円の成功を収め、さらに2007年10月には大手パチンコチェーンなどを展開する実業家と結婚。贅を尽くした結婚式を10回ほども行うなど、超セレブ&おしどり夫婦生活が代名詞だった。2011年10月、長女を授かったことは大きな転機になったようだ。

1/2ページ