ここから本文です

元トップCAに聞く!私がもっとも大切にしているもの --- 尾藤 克之

8/23(水) 16:02配信

アゴラ

先週、アゴラにエントリーした「元トップCAに聞く!『3流』すぎる人の振る舞いとは」(http://bit.ly/2uLs82a)が、転載されたYAHOOニュースで、かなりアクセスを伸ばした。航空会社関連記事の関心が高いことに加えて、「ファーストクラス」「セレブ」「ステイタス」といった根拠のない荒唐無稽な内容に、読者が嫌気を感じているのだろうと推測した。

座席における乗客の優劣は存在しない

まず、基本的な主張として、すべての乗客に優劣が存在しないことを申し上げておきたい。エコノミー、ビジネス、ファーストの各クラスにおいて優劣は存在しない。なかには、ファーストクラスが成功者のステイタスと主張する人もいるだろう。エコノミーの数倍の運賃を支払う義務が発生するわけだから一概に否定するつもりはない。

現在、なんらかの成功をして搭乗している人もいれば、いまはエコノミーでも、将来に成功を収めてたどり着く人もいるだろう。そう考えれば人の評価は謙虚にすべきである。勘違いしてはいけないのが、ファーストクラスには運賃を支払えば誰でも搭乗できるということだ。座席のクラスで属人性が規定されるわけではない。

また、今回、取材をした七條千恵美(以下、七條氏)は、際立って影響力のあるCAが選ばれる「Dream Skyward優秀賞」を受賞している。皇室チャーターフライトの選抜メンバーにもアサインされ、社内考課ではS評価を獲得している(S評価は上位約5%)。その経験が評価され、サービス教官として1000人以上を指導した実績もある。

以上を踏まえて、七條氏が取材対象者として相応しいことを確認した。ファーストクラスの乗客に関する認識を是正したいという考えも理解できた。実際に、航空会社が乗客を差別していることを公表したことは無い。情報としての有用性があると判断し、アゴラに掲載したものである。今回も七條氏に取材した内容(最終回)を紹介したい。

乗客に「イエスかノー」で答えてはいけない

「お客さまからの質問に対して『イエス』or『ノー』で答えることは、好ましくありません。『イエス』か『ノー』としかお答えできないのは、人間としての機能をフル活用できていないことと同じです。接客の世界では、『一声多く言葉をかけて』といわれますが、これも本質を理解していないケースが少なくありません。」(七條氏)

次ぎのケースは非常にわかりやすい。「乗客がなぜそのような質問をしたのか」という部分に着眼すれば答えを導くことは容易である。

「例えば、お客さまの搭乗中、『CAさん、今日は満席ですか?』という質問を受けたとします。さて、この質問をなさったお客さまが本当に知りたいことは何でしょうか?。実際にこの質問はとても多いです。『席をかえてほしい』または、『自分の快適性について知りたい』というお気持ちをもっている方がほとんどです。」(七條氏)

「本当に知りたいことは、満席かどうかということではなく、『要望が叶えられるのか』『不安が解消されるのか』ということなのです。空席があるなら対応は簡単です。『本日は空席がございます』とお伝えし、ご希望の座席に案内をすれば済むことです。しかし、工夫が必要になるのは満席だったときです。」(同)

ビジネスマンや母親には次のような傾向が見られるようだ。問題解決や不安要素の払拭に効果のある「一声」をかけなければ意味が無い。

「このような質問をなさったのが、ビジネスマンのお客さまであれば、『会議やお仕事で急いでいて、すぐに降りられる通路側がよかった』と推測できます。その場合、気にするのは『時間』です。こまめに到着時刻をご案内したり、到着時の駐機場番号をお伝えすることで少しは不安の解消に繋がります。」(七條氏)

「赤ちゃん連れのお母さまであれば、子どもが泣いて近くに座る人に迷惑をかけたらどうしようという『不安』があります。不安を払拭するために『私たちCAがいつでもお手伝いしますよ』という気持ちを伝え、安心していただくことに努めます。」(同)

1/2ページ

最終更新:8/23(水) 16:02
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム