ここから本文です

上原多香子は今井絵理子に、不倫を逐一相談していた!? 2人同時にバレた皮肉

8/24(木) 8:50配信

女子SPA!

 この7~8月に不倫疑惑が相次いで報じられた、「SPEED」のメンバー、今井絵理子(33、参議院議員)と上原多香子(34、タレント)。

 今井絵理子は『週刊新潮』(7月27日発売)で自民党の神戸市議会議員・橋本健氏との「熱愛」が報じられて以来、雲隠れしてしまい、議員として何も活動していないという。

 また、上原多香子は2014年に自殺した夫・TENNさん(享年35)の“自死の真相”で過去の不倫が明かされ(『女性セブン』8月10日発売)、さらに『女性自身』(8月22日発売)では演出家のコウカズヤ(40)との新生活と妊娠の噂が報じられている。

◆上原多香子は、今井絵理子に逐一“不倫相談”をしていた

 さて、上原の新生活と妊娠の噂はおめでたい事かもしれないが、彼女やTENNさんをよく知る人たちは心からは喜べないようだ。

「TENNさんは、多香子さんを本当に大切にしていました。そんな彼女から『子どもができないのはあなたのせい』と責められたと聞いています。ところが、その裏で自分は他の男と逢瀬を重ねていた。遺書に『嘘はついたらあかんよ』とあったのは、彼女は不倫のことで彼に嘘をつき通してきたんですね。でも事実を知ってしまった。彼はどんなに苦しんだか」(TENNさんの友人)

 TENNさんが所属していた「ET-KING」のメンバーも、結婚前後は上原をまるでプリンセスに接するように大切にしていたそう。それはTENNのためだったのだが、彼女を調子づけてしまったのかもしれない。

 実は上原多香子は、20年来の友だちである今井絵理子に、結婚生活も不倫も逐一報告していたという。

「今井絵理子さんは、上原さんの不倫も陰で指南していたようです。上原さんも不倫相手と会う際に、夫に気づかれないよう、今井さんと会っているということにしてと、二人で口裏を合わせていたようですからね。当時、上原さんは今井さんに感謝していましたよ。

 今井さんが2016年7月、参議院選で立候補すると聞いたとき、“あんなひどいことをしていたのに”と驚きましたよ。今回も、今井さんの不倫を聞いたときは、ああ、彼女だったら平気で不倫するだろうなと、何とも思いませんでした」

 こう話すのは、SPEEDをよく知る事務所関係者の人物だ。

 女友達が結婚の悩みや不倫の相談にのるのは、一般人でもよくある話だが、彼女たちの場合は「よくある」では済まない結果になってしまった。

◆今井絵理子の任期は6年、1億円以上の税金が…

 上原の不倫の相談に乗っていた今井絵理子議員は、不倫についても“センセイ”だったようだが、この“センセイ”ぶりは、他の議員先生からすると迷惑千万だ。

「本当に大迷惑。『山東派』は新しく『麻生派』になったばかりなのにこんな騒動を起こすなんて、本当に大迷惑ですよ。元の芸能所属事務所から呼んだ秘書も不倫報道の責任を取って、7月31日付で辞めたのです。次の秘書はまだ決まってないようで、しばらくは今井絵理子事務所は機能しないんじゃないでしょうか」(自民党関係者)

 今井絵理子は、山東昭子参議院議員(元タレント、聴覚障害者教育福祉協会会長)がハンティングしてきた、旧山東派のメンバーだったのだ。山東議員も、顔を潰されて大激怒だという。

「8月3日に安倍第3次改造内閣が発表され、麻生派からは3人の閣僚が選ばれましたが、旧・山東派からは一人も選ばれていません。今井絵理子議員の不倫報道のせいでしょうね」(自民党関係者)

 でも、一番迷惑なのは、私たち納税者かも。

「今井議員は、参議院なので任期は6年。つまり不倫しているだけで、何も国民のために行動しなくても、全部で1億円以上のお金(歳費)が振り込まれるんですよ。納税者である国民に対してもきちんとした会見をするべきでしょう」(自民党関係者)

◆「笑顔であいさつ」だけは評判がよかった

 そんな今井議員だが、国会を「テレビ局」の延長と勘違いしているのでは? という声も聞こえてくる。

「さすがに中学生の時から芸能活動をしていたので、礼儀作法はしっかり体に染み付いています。今までのスキャンダルは、事務所から守られていたのでしょうが、今回はそういった後ろ盾もありません。脇が甘かったのではないでしょうかね」(芸能事務所関係者)

 愛想はいいし、国会では誰に対しても頭を下げる。そういった礼儀作法に関しては、議員会館では周囲の評判はよかったという。

「普通、議員事務所は国会への出欠席の連絡がおざなりになりますが、その点、今井議員の事務所は、欠席でも丁寧に連絡をくれたと聞いています。やはり秘書さんはマネージャー感覚で仕切っていたようです。さすがに夜におはようございますとは言わなかったらしいですが(笑)、笑顔のあいさつは、周囲の年配の議員にも評判が高かったようです」(自民党関係者)

◆議員としては「もう終わり」

 でも、そんな「笑顔であいさつ」の好評も、今回のスキャンダルでフッ飛んでしまった。

「今回の不倫騒動で、一番見ていて辛いのは、旧・山東派の大島理森衆議院議長のベテランの元秘書が謝りに歩いているんですよ。今は国会は閉会中で例会などがないため、一件一件議員のところに頭を下げに回っているんです。当の今井議員本人は、あれから雲隠れですよ。議員として、出ていかないというのもどうなのでしょうかね」(自民党関係者)

 また、沖縄出身である今井議員だが、沖縄の自民党関係者によると、今井議員に対する評価は以前から低かったという。

「今井絵理子議員は、当選当初からあまり良い評判ではなかったのです。今回のことでさらにボロボロになった感じですね。そもそも比例区での立候補で、沖縄の票で国会議員になったわけではありません。

 以前は辺野古移設の件で、反対派側の意見を展開していたのに、自民党から出馬して当選したら、この件には触れなくなったので、裏切者扱いにされています。沖縄は政治的な問題が多いので、よく勉強して自分の考えを持ってないと保守系の議員は務まらないのです。彼女はもう議員として無理でしょうね」(沖縄の自民党関係者)

「自民党も元SPEEDの肩書きで人寄せパンダ的に使っていましたが、これでは選挙対策としてはもう使えないですね」(自民党関係者)

 関係者はそう言ってビシッと切り捨てた。

<TEXT/女子SPA!編集部>

女子SPA!

最終更新:8/24(木) 9:05
女子SPA!