ここから本文です

合コンでバレる「一生、モテない人」の5大欠点

8/30(水) 8:00配信

東洋経済オンライン

「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。

この記事の写真を見る

本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

■「酔いに任せて転落する」二流の合コン

 「うわ~、わざわざ夜景のキレイな場所を選んで、そのくらいで、かっこいいと思われると思っとるんかーい!!」

 世の中には、「お酒を飲みながらの勉強会」、すなわち世間一般でいうところの「合コン」を開くたびに、「二流の闇に転落する残念な人たち」が存在する。

 ステキな夜景が見える高級バーを予約したり、無理をして高いおカネを出したのに平静を装ったりするのは、序の口だ。挙げ句の果てには、初めから日本酒を1升瓶で頼み、「酔いに任せていきなり無礼講モード」に突入する暗すぎる闇に転落している人たちが存在するのだ。

 これに対して一流の人は、合コンを開催するときも一流だ。予約が取りにくい一流のお店の予約を前日までにバッチリすませるなど、合コン相手への気配りを怠らない。

 「一流の幹事」という誉れ高き人たちは「参加者人は●●商事の東大卒のイケメンで……」などと必死に肩書をアピールしなくても、「あなたが呼んでくる人なら、イケてる人でしょう」という信頼のお墨付きを獲得しているのだ。

 「学歴の高さや頭のIQ」と「合コンを立派に開けるかどうか」は関係がない。世の中には、合コンを開いただけで、その「人格的欠陥」や「人としての故障っぷり」がもろにバレてしまう人たちが存在する。

1/6ページ