ここから本文です

「日本にやってもらうしかない」自力突破消滅の“サッカルーズ”に豪メディアが嘆き

8/31(木) 22:47配信

SOCCER DIGEST Web

自力突破が消滅し「恐ろしく酷い結果」。

 8月31日、日本代表はオーストラリアとの決戦を制し、6大会連続6回目のワールドカップ出場を決めた。
 
 日本は40分に左サイドからの長友佑都のクロスを浅野拓磨がタイミング良く左足ボレーで流し込んで先制点を奪取。迎えた後半は相手のプレッシャーに屈して苦しい時間帯を迎えたものの、82分に井手口陽介が強烈なミドルシュートを突き刺して追加点を奪った。
 
 リオ五輪世代の値千金の活躍で勝利した日本を、FIFAは公式サイトで「サムライブルーが鮮やかな勝利!」と称えている。
 
 その一方で、日本に敗れたため、自力での突破がなくなったオーストラリアに対して、母国メディアは辛辣な戦評を寄せている。
 
 豪州メディア『ロアー』は、「サッカルーズが沈む」と試合結果を伝えたうえで、「オーストラリアは埼玉スタジアムで散った。日本はW杯出場を決めたが、我々は危機的状況に陥った」と、代表戦士のパフォーマンスに落胆した様子だ。
 
 さらに豪紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』は、「最終戦は綱渡りになる。オーストラリアにとって恐ろしく、酷い結果だ」と嘆きながら、5日後に本拠地のメルボルンで迎えるタイ戦に向けては、「来週、我々の願いを聞いた日本がサウジアラビアを相手にやってくれることを願うしかない」と、日本代表の“サポート”を期待している。
 
 埼玉での敗戦でグループB3位に転落したオーストラリア。本大会出場のためには、9月5日のタイ戦で引き分け以上の結果を出したうえで、サウジアラビアが日本に引き分け以下で終わることが必要となる。3位になれば、A組3位との過酷なプレーオフに回ることになるが、はたして結果はいかに……。

【PHOTO】日本×オーストラリアの美女サポーターたち♥

最終更新:9/1(金) 17:43
SOCCER DIGEST Web