ここから本文です

「日本人は誇りを捨てないはず…」窮地のオーストラリアがサムライブルーに切実エール!

9/1(金) 6:40配信

SOCCER DIGEST Web

「埼玉の夜をばかばかしいものにした」と辛辣意見も。

 ロシア・ワールドカップ出場を懸けた一戦で、日本代表に0-2と完敗を喫したオーストラリア。その結果、最終節でもタイに大勝を収めたうえで、サウジアラビア対日本の結果を待たなければならないという苦境に追い込まれた。
 
 序盤から日本に主導権を譲ったまま、それを引き戻すことができなかったオーストラリアは、策に溺れた感もある。実際、指揮官のアンジェ・ポステコグルーは試合後の会見で、「中盤が全く影響力をもたらせなかった。我々はポゼッションができなかったわけではないが、効果的ではなかった」と、敗因について述べている。
 
 このように為す術なく日本に敗れた“サッカルーズ”に対しては、国内メディアの論調も辛辣さが増している。「コンフェデ杯で見せた崇高さの欠片もなく、埼玉の夜をばかばかしいものにした」と綴ったのは、豪メディア『SBS』だ。
 
「プレーがあまりに遅く、日本のディフェンスにプレッシャーをかけられなかった」と戦評を記した同メディアは、9月5日に行なわれるグループB最終節へ向けて危機感を募らせながら、“サムライブルー”への切実な想いを明かしている。
 
「西アジアの気候の関係から、メルボルンで行なわれる我々の試合後に幕を開けるサウジアラビア対日本。当然、サウジアラビアは試合で何をすべきかを把握したうえで臨むはずだ。オーストラリアは、タイに大差で勝ち、日本がしっかりと戦ってくれることを願うしかない。日本人が国の誇りを捨てることはないと思うが……」
 
 2005年にAFC(アジア・サッカー連盟)に加盟してからは、3大会連続でワールドカップ出場を手にしてきたオーストラリアだが、ここまで窮地に追い込まれることはなかった。SBSは最後に「5日は神経質な夜を迎えるだろう。ただ、これこそが、我々がアジアに参加した理由である。真剣な決闘ができるのだから」とまとめている。
 
 はたして、オーストラリアは、本大会への切符を奪取できるのか? 運命のタイ戦は日本時間19時、メルボルンで戦いの火蓋が切って落とされる。

【PHOTO】日本×オーストラリアの美女サポーターたち♥

最終更新:9/2(土) 16:52
SOCCER DIGEST Web