ここから本文です

ハリル監督、続投を宣言。「残念に思う人がいるかもしれないが…」

9/1(金) 18:59配信

フットボールチャンネル

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が1日、都内で記者会見を行い、続投を明言した。

韓国のいるグループAは大混戦! まさかのチームが3位浮上 W杯アジア最終予選 順位表

 ハリルホジッチ監督は8月31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦で勝利を収めて本大会出場を決めたあと、「プライベートで大きな問題がある」と語り、家族に何らかの問題があることが明らかになっていた。試合後の質疑応答を受けなかったことからも、特殊な状況下にあることが予想されている。

 日本代表監督はまず、「昨日の試合後の会見のことを申し訳なく思う」とコメント。「素晴らしい試合のあとでお祝いに水を差すことはしたくなかった」と説明した。

 ハリルホジッチ監督は自身が抱える大きな問題について、「あくまで個人的なことなので、誰にも話していなかった。自分の仕事に集中しようとした」とし、「選手のメンタル面に影響を与えたくなかった」と語っている。

 試合後は「個人的な問題もあったので、試合後はすぐにロッカーに引き上げたいと思った」とのことだが、「選手やスタッフ、観客とも喜びを分かち合わなければ、と思い残った。私にとって特別な時間になった」と振り返った。

 試合の翌日の会見を開いた理由として指揮官は、「昨日の会見のあと、フランスも含めて世界中で報道された。この状況を説明する必要があると感じた」とコメント。日本以外の場所から好条件のオファーがあったことなどを明かしながらも「2年半を過ごしているこのグループに愛着がある。私の力は日本サッカーのために注がれている」と話した。

 その上で「今後、どれくらい日本代表監督を続けられるかは結果次第。残念に思う方もいるかもしれないが、ここで仕事を続ける」と宣言。「昨日の発言でチームが動揺するのを避けたかったので説明した」と語っている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)