ここから本文です

ジェームズ・ボンド流、理不尽をチャンスに変える方法 --- 尾藤 克之

9/3(日) 16:23配信

アゴラ

仕事には理不尽がつきものだ。「部長が全責任をとると言ってたのに、成果が出ないとわかったとたん“突然”ハシゴを外された!」「部長に文句を言ったら、衆目の前で『お前はクビだ!』とか言いやがる!」など、社内で発生する理不尽は数え切れない。多くの人が上司との人間関係に悩みをもつことも間違いないだろう。

では、どうすればよいのか。話は変わるが、実は、約3年半ぶりに出版をした。タイトルは『007(ダブルオーセブン)に学ぶ仕事術』(http://amzn.to/2vROxrK)で、私にとっては9冊目の本になる。アゴラでは、「ビジネス著者養成セミナー」という著者希望者のためのセミナーを隔月で、「出版道場」という出版希望者のニーズに応えるための実践講座を年2回開催している。

私は、著者や出版社から献本されたなかで、ニュースとして相応しいものを紹介記事として掲載している。今回はそうしたなかで、記事が編集者の目に留まり出版にいたった。読者の皆さまへ感謝としてご報告を申し上げたい。

社内にはびこる理不尽とは

では本題に戻りたい。誰もが、評価をされたいし、評価されない事案は引き受けたくない。評価されれば、給料もアップし、役職にもありつき、権限を行使できる。さらに権限に応じた経費の執行も可能だ。接待で銀座のクラブに飲みに行けるかも知れない。役員クラスは楽しくていいな、オレも早く出世したいと思っている人はいないだろうか。

「隣の芝生は青く見える」という表現がある。他人のものはなんでもよく見えることのたとえで使用する。役員をはじめとする経営者は日頃から考えられないストレスと闘っている。売上げが足りなければ、役員会でつるし上げられる。「来月達成できなかったらクビ!」「ハァ?死ねやバカ野郎!」など酷い言葉でののしられる。

役員(この場合は取締役)は社員とは立場が異なる。取締役は、株主の委任を受けた経営担当者の位置づけになる。使用従属関係ではなく、株主との委任関係なるから労基法は適用されない。労基法では、社員を解雇するには一定の要件を満たす必要があるが、役員は異なる。拒否したところで株主総会で罷免されて終わりである。

1/2ページ

最終更新:9/3(日) 16:23
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ