ここから本文です

都落ちの神童、レアルとの契約延長を自ら発表 白い巨人復帰に向け日本代表MFと共闘

9/6(水) 21:57配信

Football ZONE web

レアルからフェーレンフェーンに移籍中のMFエデゴーが自らの去就を語る

 U-21ノルウェー代表MFマーティン・エデゴーは16歳でレアル・マドリードに移籍したが、トップチームで出場機会を手にできず、オランダ1部フェーレンフェーンに都落ちした。現在、期限付き移籍で武者修行中だが、レアルとの契約期間を延長したことを自ら発表したと、ノルウェー地元紙「VGスポルテン」が報じている。

【動画】クライファートの息子シェインくんの公式インスタグラムで公開された「バルサデビュー戦で初ゴール」

 圧倒的なドリブル突破を武器にするエデゴーは、バルセロナなどを含めて壮絶な争奪戦を繰り広げるなか、2015年末にレアルに移籍した。同年5月23日のヘタフェ戦で16歳157日というクラブ史上最年少デビューを果たしたが、神童とはいえ、欧州最強軍団のトップチームに定着することは困難だった。

カルロ・アンチェロッティ元監督にフロレンティーノ・ペレス会長がゴリ押しした営業目的の人事だったことが暴露されるなど悲しい状況で、オランダにレンタル移籍。日本代表MF小林祐希とプレーしている。

 U-21イスラエル代表戦でスコアレスドロー後、エデゴーは自らの去就について口を開いた。

「少なくとも2018年シーズンよりも先にちょっと伸ばしました。それ以上のことは今話せません」

 今季限りで契約満了となるはずだったというレアルとの契約延長を済ませたと、神童が自ら明かしている。これをレアル寄りで知られるスペイン紙「マルカ」もレポート。かつてメガクラブがこぞって欲しがった神童はオランダでスケールアップを遂げ、白い巨人に凱旋することはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/6(水) 22:19
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新