ここから本文です

【月刊『WiLL』(10月号)より】「アホノミクス」という阿呆

9/7(木) 9:01配信 有料

WiLL

アベノミクスは誤解されている

 内閣府より、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)成長率が前期比プラス1・0%、年率換算プラス4・0%という統計が発表されました(8月14日)。
 この数値は、アベノミクスの効果が順調に表れていることの強い証拠となるものです。
 アベノミクスは“一本目の矢”として「異次元の金融緩和」を謳っていますが、その仕組みは非常に簡単です。日銀が市場に出回る国債などの金融商品を買って、世の中に流れるカネの量を増やす。それによって個人の消費、企業の設備投資が活性化し、需要が増える。需要を満たすために労働力を増やし、失業率が下がる。本文:4,476文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

勝又壽良(元『週刊東洋経済』編集長)

最終更新:9/7(木) 9:54
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年12月号
10月26日発売

特別定価840円(税込)

【総力特集】 ユリノ魔術(マジック)の正体
【国難はこれから】 安倍政権でよかった!