ここから本文です

W杯アフリカ予選でPK判定に「決定的なミス」 FIFAが前代未聞の再戦決定を発表

9/7(木) 9:20配信

Football ZONE web

16年11月開催の一戦は南アフリカがセネガルに勝利するも…リマッチは11月開催の予定

 ロシア・ワールドカップ(W杯)予選は各大陸で佳境を迎えているが、アフリカ予選で前代未聞の再戦を決定したと国際サッカー連盟(FIFA)が公式サイトで発表している。

【写真】イラン監督が“韓国の洗礼”に怒りのクレーム! 練習場のとんでもない惨状をSNSで告発

 再戦が行われることになったのは、グループDの南アフリカ対セネガルの一戦だ。この試合は2016年11月12日にすでに行われ、ホームの南アフリカが2-1で勝利している。しかし、先制点となるPKを呼び込んだ判定について決定的なミスがあったとして、ジョセフ・ランプティ主審がスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって生涯活動禁止処分を受けている。

 この裁定とともに、FIFAは同試合のリマッチを決めたと発表。試合は今年11月の国際Aマッチウィークで行われる予定で、9月14日の組織委員会で確定するという。

 現在、南アフリカ予選グループDは4試合終了時点でブルキナファソとカーボベルデが勝ち点6で並び、セネガルが勝ち点5で3位、勝ち点4で南アフリカが最下位となっている。11月6日にはセネガル対南アフリカの一戦がすでに組まれているが、この再戦がW杯出場権を決める重要な“ホーム&アウェー”の試合になるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/7(木) 14:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新