ここから本文です

テニスボールとフォームローラーで凝り・痛みを絶つ セルフ凝り取り2大グッズ使いこなし術

9/7(木) 6:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 肩こりや腰のだるさを和らげるのに便利なアイテムが、テニスボールとフォームローラーだ。

【関連画像】背中~腰をぐーんと伸ばす、脊柱起立筋ほぐし

 「凝りや痛みの“引き金(トリガー)”になるものとして、筋肉にできるしこりや、筋膜の癒着がある。トリガーポイントと呼ばれ、これができると筋肉が硬くなり、その結果、凝りや痛みが生じる」と理学療法士の井上直樹さん。

 テニスボールは、サイズがこぶりなので、トリガーポイントを直接ほぐすことができるうえ、深い位置にある筋肉にもアプローチできる。一方、フォームローラーは、トリガーポイントの位置がよくわからなくても、筋肉を広範囲にほぐすことで凝りや痛みを和らげる。

 それぞれメリット、デメリットがあるので、把握したうえでマッサージに使ってみよう。

●腰痛

筋肉量の少ない女性は、男性より腰に負担がかかりやすい。突然ぎっくり腰に! なんてことがないよう、疲れを感じたらほぐしておこう。

●【フォームローラーで】腰とお尻の外側をもみほぐす

 腰痛対策にフォームローラーを使う場合は、腰部分と合わせ、お尻の外側の筋肉もほぐすといい。

 「腰痛は、背骨に沿って走る脊柱起立筋の腰のあたりが硬くなり、痛みが生じることが多いが、お尻の外側にある中殿筋の凝りが原因で腰に痛みが出ることもある」と井上さん。

 中殿筋は、座っているだけでも疲れがたまりやすく、凝りが自覚しにくい。どこが凝っているのかわからなければ、「お尻の外側全体をほぐすといい」(井上さん)

●1. 背中~腰をぐーんと伸ばす【脊柱起立筋ほぐし】

【ここをほぐすといい理由】

脊柱起立筋は、背骨を支え、姿勢を安定させる筋肉群。重いものを持ち上げたり、無理な姿勢をとったりしなくても、デスクワークなど同じ姿勢を続けることで負担がかかりやすい。慢性的な腰痛がある人は、矢印の部分をこまめにほぐすようにしたい。

【やり方】

床に座り、腰の後ろにローラーを置いて体重をかけ、お尻の位置を少しずつ前にずらすように、背中の真ん中くらいまでほぐしながら伸ばす。

●2. お尻の外側全体をコロコロ【中殿筋ほぐし】

【ここをほぐすといい理由】

ここでアプローチするのは骨盤を支え、股関節の動きをコントロールする中殿筋。お尻の外側、上の方にある筋肉で、座っているだけでも疲れがたまってしまう。中殿筋の動きが悪くなると、骨盤の傾きや歩き方にも影響するなど、腰に負担がかかりやすい。

【やり方】

床にローラーを置き、片手で支えながら、お尻の片側を乗せる。体を少し前に傾けながら、お尻の真ん中(ほっぺ)から腰骨の下あたりまでをローラーでほぐす。逆側も同様に。

●【テニスボールで】腰、お尻、骨盤内の筋肉までピンポイントに押しほぐす

 腰痛対策にテニスボールを使う場合、「脊柱起立筋や中殿筋のトリガーポイントをほぐすだけでなく、フォームローラーではほぐせない深部の腸腰筋にもアプローチできるというメリットがある」と井上さん。

 骨盤内を通る腸腰筋は腰と太ももをつなぐ筋肉で、デスクワークなどで座っている時間が長いと縮んで硬くなりやすい。「腸腰筋が硬いと姿勢が悪くなりやすく、腰に負担がかかる」(井上さん)。

●1. 腰上のくぼみにボールを当てる【くぼみ押し】

【ここをほぐすといい理由】

首から腰にかけて体を支えている脊柱起立筋だが、姿勢を維持したり、重い物を持ち上げるときに、最も負担がかかるのは腰部分。当然、トリガーポイントも腰にできやすい。猫背や反り腰といった悪い姿勢も、腰にトリガーポイントができる一因とされる。

【やり方】

床にあおむけに寝て、腰の下にできるくぼみにテニスボールを入れる。背骨のわきにある筋肉に当て、体重を乗せ、30秒ほどキープ。逆側も同様に。

●2. 痛い!けどラクになる【中殿筋押し】

【ここをほぐすといい理由】

腰痛を引き起こす中殿筋のトリガーポイントは、腰骨の斜め下付近にできやすい。硬くしこりになっているか、押すと痛みを感じる場所を探してみよう。凝りがひどいと痛みを感じにくいこともあるので、急に強い圧をかけるのではなく、ゆっくり押しゆるめていこう。

【やり方】

テニスボールを床に置き、お尻の片側を乗せて、痛みやしこりを感じる場所を探して30秒ほど圧をかける。逆側も同様に。

●3. 骨盤内までぐぐっとほぐす【腸腰筋押し】

【ここをほぐすといい理由】

腸腰筋とは、背骨と太ももをつなぐ大腰筋、骨盤と太ももをつなぐ腸骨筋からなる筋肉群のこと。腸腰筋が硬くなると、歩幅が小さくなり、姿勢も悪くなるため腰に負担がかかりやすくなる。ゆっくりと体重をかけて、ピンポイントにほぐしていくといい。

【やり方】

ここで紹介する腸腰筋のトリガーポイントは2つ。へその3cmくらい横と、腰骨の内側にある。腹ばいになってテニスボールを押し当てたらゆっくりと体重を乗せて30秒ほど圧をかける。逆側も同様に。

<この人に聞きました>
井上直樹さん 理学療法士
急性期・回復期病院、整形外科クリニックの勤務を経て、在宅療養支援クリニックに勤務。フットケアトレーナー、ゴルフフィジオセラピストとしても活躍する。運営サイト「リハビリテーションコンサルタント」にて、凝りや痛みのセルフケアを紹介している。

取材・文/堀田恵美 写真/鈴木 宏 スタイリング/椎野糸子 ヘア&メイク/依田陽子 モデル/大塚まゆり 図版/三弓素青

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2017年9月号

価格:600円(税込)

朝夜5分!で下腹を凹ませる
新発見!体内時計が決め手下腹凹む7習慣
夏の不調・お悩み別栄養素ガイド
一生続く!美髪・美肌マル秘テク

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事