ここから本文です

ジョージ王子は小学校でどう呼ばれる?

9/8(金) 10:44配信

女性自身

英王室のジョージ王子(4)が現地時間7日、ロンドン市内の私立小学校トーマス・バタシー校に初登校した。英国における義務教育の開始年齢は5歳だが、ジョージ王子は4歳から始まる「レセプション」クラスに在籍する。

父ウィリアム王子、叔父のハリー王子が通った男子校の名門ウェザビー校ではなく、王室の慣例から鑑みると異例とも言える共学を選んだことになる。学校長も登校初日こそ外で出迎えたが、「特別扱いはしない」と明言しているという。これから王子と机を並べる子どもたちは、王位継承順位3位のクラスメイトをどう呼ぶのだろうか。


同校の元校長がPEOPLE誌の取材に応えた内容によると「王子は単なる“一生徒”として扱われ、尊称で呼ばれることはない」という。一般的なプリスクールと同じように、子どもたちは王子を「殿下」ではなく「ジョージ」と呼ぶことになる。

そこで気になるのは苗字だ。現在の英国王室は1917年に始まったウィンザー朝であり、王族の苗字は「マウントバッテン=ウィンザー」である。しかし、王族の人々がこの正式なラストネームを名乗ることは稀だ。実際、ウィリアム王子とハリー王子は、父であるチャールズ皇太子が「プリンス・オブ・ウェールズ(英国皇太子)」であるため、学生時代の姓は「ウェールズ」だった。

ウィリアム王子は結婚時に「ケンブリッジ公爵」を叙爵されている。父親の爵位を苗字とするという前例に倣うならば、ジョージ王子は学校では「ジョージ・ケンブリッジ」と名乗ることになるようだ。

最終更新:9/8(金) 10:44
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2798号・11月14日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

座間事件 実名報道で黙殺された遺族たちの嘆願
役所広司 資産16億円支える4歳年上妻の凄腕経営
満島ひかり 共演者呆然の映画祭ドタキャン騒動

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。