ここから本文です

UFCファイター近藤朱里の壮絶なプロレス下積み時代──「格好がみすぼらしい」と指摘されたこともある

9/9(土) 10:00配信

週プレNEWS

今年5月、パンクラスの女子ストロー級王者に輝いた近藤朱里(しゅり)が9月23日(土・祝)、世界最高峰のMMA(総合格闘技)イベント「UFC」に初参戦する(さいたまスーパーアリーナ)。

【写真】日本&フィリピンの最強ハーフ女子、近藤朱里

得意の打撃技を武器に着実に勝利を重ねてきたが、それ以上にスゴイのはプロレス、キックボクシング、MMAでベルトを巻いた「三冠王」であること。そんな前人未到の快挙を彼女はなぜ達成できたのか? その強さに迫る!

***

―朱里選手はプロレスでSMASHをはじめ多くのベルトを巻き、キックボクシングではKrush、MMAではパンクラスの王者になりました。2ジャンルを制覇した選手にはブロック・レスナー(プロレスとMMA)、アリスター・オーフレイム(キックとMMA)らがいますが、朱里選手のように「三冠王」を達成したのは史上初では?

朱里 ありがとうございます。自分のことながら、スゴイことなんですね(微笑)。

―キャリアのスタートは2008年、異色のプロレス団体ハッスルでしたね。

朱里 最初は女優さんになりたくて、高校卒業後に舞台やモデルの仕事をチョロッとやっていたんです。芸能事務所にも入っていたんですけど、ある日、「ハッスルのオーディションがあるから受けてみないか?」と言われて。それまでプロレスには興味もなかったし、テレビで見たこともなかったんですよ。何もわからないままオーディションを受けたら合格させてもらって、3ヵ月後にデビューすることができました。

―当時のリングネームはKG(KARATE GIRL)。空手をやっていた?

朱里 小1から中1まで伝統派空手の型をやっていました。成績は全日本大会で6位くらいだったと思います。ハッスルの頃は、いろんな意味で本当に必死でしたね。わずか3ヵ月でデビューしたので試合も大変でしたけど、雑用もすごく大変だったんですよ。

―プロレス界には新人が先輩の世話をしなければならないしきたりがありますからね。

朱里 周りはすごい方ばかりなので、それぞれのガウン、コスチュームからタオルまで全部用意しないといけなかったんです。途中からそれをひとりでやらなければならなくなって。一度、ある方のサポーターを忘れてしまって、メチャクチャ怒られたこともあります。

―新人だからファイトマネーもすずめの涙ほど?

朱里 交通費込みで1ヵ月10万円もらえるはずだったんですけど、もらえたのは最初の2ヵ月だけでした(苦笑)。





―ハッスルの末期はギャラ未払いも問題になりましたね。

朱里 そうですね。当時「格好がみすぼらしい」とか指摘されたこともあったのですが、お金もなければ暇もないので仕方なかったです。ある日、練習後にお財布を見たら一銭も入ってなくて、横浜の関内から大和市の自宅まで7時間くらいかけて歩いて帰ったこともあります(笑)。

―誰かにお金借りればよかったのに(笑)。

朱里 そうですよね(笑)。あと、私は日本とフィリピンのハーフなんですが、その頃はお母さんと暮らしていたんです。ちょうどお母さんがフィリピンに里帰りしていたときに家の電気が止まってしまって、冬に3日間ほどロウソクで生活しました。「ロウソクの灯(ひ)って、なんて温かいんだろう」とか思いながら(笑)。

―「私、女優になりたかったのに…」と、我に返ることはなかった?

朱里 なんで自分はこんなことをしているんだろう…と思ったことはありました。いつもアザだらけで帰ってくるので、お母さんからは「あんた、何を目指しているの?」と突っ込まれていましたね。深夜にアルバイトをして、練習して、1日をやり切ることだけで精いっぱいでした。

―それでも続けられたのはなぜ?

朱里 リングの上で輝ける場所があって、応援してくれる人がいたからです。あの大変だった時代があったから、今の自分がある。そう思っています。

―ハッスル時代、思い出に残っている試合は?

朱里 タッグマッチで天龍(源一郎)さんと対戦したときにチョップや顔面蹴りをもらったことですね。しばらく顔にシューズの痕が残っていました。

―女優志望だった女のコに天龍さんもひどいことをしますね(笑)。

朱里 いやいや、プロレスラーとしたら勲章ですよ。ハッスルがなくなった後、一度だけ電話で天龍さんとお話しする機会がありました。何を言っているのか全然わからなかったので「ありがとうございます」とだけ言って電話を切った覚えがあります(笑)。

●後編⇒注目のUFCファイター近藤朱里の覚悟「プロレスも格闘技もどっちもスゴイし、どっちもナメないでほしい」

(取材・文/布施鋼治 撮影/保高幸子 長尾 迪〈試合〉)

●近藤朱里(こんどう・しゅり)
1989年生まれ、神奈川県出身。2008年にハッスルでデビューし、プロレスラーとして多くのタイトルを獲得。09年からはキックボクシングも並行し13勝1敗。16年にパンクラスでMMAデビューし5戦全勝。今年5月には同団体のストロー級王者に輝いた

『UFCファイトナイト・ジャパン』
9月23日(土・祝)/さいたまスーパーアリーナ
メインイベントはかつてPRIDEでも活躍したマウリシオ・“ショーグン”・フアvsオヴィンス・サン・プルー。近藤朱里は韓国のジョン・チャンミと対戦。ほか、五味隆典、石原“夜叉坊”暉仁、廣田瑞人、中村K太郎ら多くの日本人ファイターが参戦予定。詳細はオフィシャルサイトでチェック!

最終更新:9/11(月) 11:36
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.49
11月20日(月)発売

定価400円(税込)

日本に必要なのはハリルじゃない!/プロ野
球トライアウト「まだポンコツじゃない!/
アメリカ兵器ベストバイ【グラビア】大原優
乃/堀未央奈/加藤ナナ/松川菜々花 他