ここから本文です

補強総額は実に3180億円。「史上最も高額なチャンピオンズリーグ」が開幕

9/12(火) 20:04配信

フットボールチャンネル

 現地時間12日から開幕する欧州チャンピオンズリーグ(CL)は、出場チームが夏の移籍市場で費やした補強資金の額を考えれば「史上最も高額なCL」となる。11日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 同紙によれば、今季のCL出場チームで補強に最高額を費やしたのはフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)。バルセロナから獲得したFWネイマールや、モナコから獲得したFWキリアン・ムバッペなどの新戦力の価値を合計した金額は4億1800万ユーロ(約548億円)に達するという。

 2位に続くのは数十億円クラスの選手を5人獲得したマンチェスター・シティで、総額2億4430万ユーロ(約320億円)。FWウスマン・デンベレなどを獲得したバルサが僅差の2億3450万ユーロ(約308億円)で3位に続いている。

 CL2連覇中の王者レアル・マドリーは意外にも控えめな補強にとどまり、総額4250万ユーロ(約58億円)。CLに出場する32チーム中16番目の金額となっている。CSKAモスクワ、シャフタール・ドネツク、マリボルの3チームは出費額「ゼロ」であり、移籍金の発生する補強は行っていない。

 全32チームが費やした補強総額は、実に24億2760万ユーロ(約3180億円)と算出。「史上最も高額なCL」であると当時に、「最も狂ったCL」であるとも表現されている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)