ここから本文です

顔と体のたるみを防ぐ マイナス5歳若返り改善法

9/12(火) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 夕方、電車の窓に映る自分の顔を見て、ほうれい線の深さに驚いたり、何気なく見た鏡でお尻やお腹、二の腕に、「たるみ」を感じること、ありませんか? たるみ知らずの体のために必要なことをご紹介しましょう。

【関連画像】気になる顔の「たるみ」は? アンケート結果はこちら

●読者に聞いた 気になる「たるみ」は?

【調査概要】
◎「日経ヘルス」「日経ウーマンオンライン」の読者を対象にウェブで調査。平均年齢は43.8歳、会社員が64.1%。
◎調査期間:2016年6月30日~7月13日)
◎有効回答者数:117人

 今、「たるみ」は30代以上の女性にとって、大きな関心事だ。

 読者調査では、顔でも体でも、「たるみ」があると、「5~6歳老けて見える」と答えた人が最多に。実は、「たるみ」があると老けて見えるだけではなく、体の内側が劣化していることがわかった。

 たとえば、ほうれい線が代表格である「顔」のたるみ。UVケアや保湿は、いまや常識。そのため、シミや小ジワより、老け感を際立たせるとして悩む人が増えたのが「たるみ」。実際、読者調査でも、ほうれい線や目元のたるみに対して約半数の人が気にしている。

 一方、「体」のたるみはどうだろう。30代以降、加齢とともに筋肉はみるみる落ちていく。運動不足ならなおさらだ。読者調査では、お尻、二の腕の「たるみ」に半数程度の人が、お腹まわりに4割の人が、「気になる」と答えた。

 しかも、たるみが気になる部位それぞれについて、気になり始めた年齢を挙げてもらうと、ほうれい線で平均37.6歳、お尻で36.7歳など、いずれの部位でも30代という結果に。

 そんな30代以降の女性にとって大きな悩み「たるみ」は、肌の内側の一つ一つの層に原因がひそんでいるとわかってきた。

太っていてもやせていてもたるみは気になる

 整形外科医・中村格子さんによるチャート。「たるみ」は、脂肪が多い人、筋肉が少ない人で起きる現象だとわかる。

 たるまないために、最も気をつけるべきなのが、体脂肪の急激な増減だ。特に、食事だけのダイエットで急にやせると、たるみはひどくなる。

 「年齢が上がれば上がるほど、体脂肪の増減に応じて、真皮が伸び縮みしにくくなる。ダイエットするなら、1カ月に1kg程度が目安。また、ダイエットでは、運動を併用することが不可欠だ」とみやた形成外科・皮ふクリニックの宮田成章院長は話す。

 一方、今ある「たるみ」を改善するのに必要なのが、筋肉へのアプローチだ。「筋肉量が増えると、外見上のたるみを改善する効果が期待できる。70代でも80代でも筋トレをすれば筋線維を太くすることは可能。それには、筋肉にある程度の負荷をかける必要がある。目安は、最大筋力の6割程度の負荷をかけた筋トレ。6割とは正しいフォームで20回ぎりぎり行える程度の負荷だ。ウオーキングやランニングの負荷は、3割程度で、筋肉の減少は食い止められても、筋線維を太くするまでには至らない」と東海大学スポーツ医科学研究所有賀誠司教授はいう。

 また、体をボディスーツのように包む「筋膜」がよじれるとたるみの原因になる。このよじれを日々解消しておくことも大切だ。さらに、「あくまで実感だが、うどんとおにぎりのような“糖質セット”を食べているような人は、顔がたるんでいることが多い」と青山エルクリニックの杉野宏子院長。糖質のとりすぎにも注意しよう。

 たるみ対策は、運動・食事の両面からの、まさに体を内側から元気に若々しく保つためのもの。見た目だけにとらわれず、健康法として続けるのも手だ。

<この人たちに聞きました>
宮田成章院長
みやた形成外科・皮ふクリニック(東京都港区)
防衛医大卒。40 台以上の美容医療機器をそろえ、正確な医学知識をもとに患者の悩みに応じた治療法を提案する。「骨への対策は難しいが、リンパや血液の巡りを上げ、代謝を下げないことが大切」。

有賀誠司教授
東海大学スポーツ医科学研究所教務部長
筋力トレーニングの方法や指導法に詳しく、著書多数。「筋肉をつけるトレーニングに併せ、筋肉を連携して動かすトレーニングも必要です」。

杉野宏子院長
青山エルクリニック(東京都港区)
「リフトアップ外来」を開設し、顔のたるみに対する最新治療を提供。「たんぱく質、ビタミン、鉄、亜鉛が不足している人が多い。たるみ対策には糖質を控えるほか、それらの補給も薦めています」。

取材・文/白澤淳子(編集部) 写真/鈴木 宏 図版/三弓素青 スタイリング/中野あずさ(biswa.) モデル/知美 ヘア&メイク/依田陽子 構成/太田留奈(編集部)

日経ヘルス2016年9月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2017年9月号

価格:600円(税込)

朝夜5分!で下腹を凹ませる
新発見!体内時計が決め手下腹凹む7習慣
夏の不調・お悩み別栄養素ガイド
一生続く!美髪・美肌マル秘テク

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事