ここから本文です

ひふみん、映画『ダンケルク』に深い縁明かす おとぼけトークで司会者と熱い攻防戦も

9/13(水) 16:33配信

エンタメOVO

 映画『ダンケルク』公開記念イベントが13日、東京都内で行われ、“ひふみん”の愛称で知られる加藤一二三氏、高樹千佳子が出席した。

 海の町ダンケルクを舞台に、追い詰められ撤退を決断した英仏軍40万人の、民間船もが救助に関わった史上最大の救出作戦を描く本作。「ダンケルクの戦い」と同じ1940年生まれの加藤氏は「縁を感じています。生まれたのもまったく同じ歳で、ますます興味を持って見た次第です」と興味深く鑑賞したという。

 イベントへの出演オファーには「本当に楽観的な人間なので、私にぴったりな話が来たなと思いました」と笑いを誘い、「ダンケルクのことは、若い頃にチャーチルの本で読んでいました。始めから終わりまで息つく暇なく見入りまして、大変感動しました。最後は泣けてきました」と感想を語った。

 また、時間切れ寸前まで追い込まれてからの早指しの強さに定評がある将棋界のレジェンドとして、絶体絶命の状況からの救出作戦「ダンケルク」を将棋に例えて解説してほしいと頼まれる場面も。報道陣をはじめスタッフからの期待を一身に受けてマイクを握り直した加藤氏だが、絶妙に質問から逸れたトークを展開し、世界史マニアぶりを披露した。

 その後も「将棋で表現してほしい」、「将棋に例えて」、「将棋の駒(の動かし方)で例えると?」と質問を変えて粘る司会者と、変わらず冗舌な加藤氏の攻防が続き、ついに加藤氏から「不利な局面で、けして勝った将棋ではない」「不屈の闘志と、自分は助かる、負けないという信念は(将棋と)共通したところかなと思う」などの言葉を引き出すと、会場は安堵の雰囲気と笑いに包まれた。

最終更新:9/15(金) 14:41
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!