ここから本文です

目指すは自転車で琵琶湖1周200キロ!「ビワイチ」入門編

9/13(水) 17:30配信

旅行読売

 日本一の湖、琵琶湖。この湖岸を走るサイクリングコースが「ビワイチ」だ。1周約200キロ。上級者なら1日で走破できる距離だが、初心者は2~3日かけてゆっくりと楽しみたい。
 自転車を持っていなくても、また遠方からでも参加しやすいビワイチ。米原駅直結のサイクルステーションでは、1日3500円からレンタサイクルが利用できる。コンビニや道の駅、飲食店など、滋賀県内の約150か所が「ビワイチサイクルサポートステーション」に指定されており、トイレや空気ポンプの設置など、サイクリスト向けのサポートも充実している。事前予約すれば、2500円で途中返却もできる(途中返却拠点は7か所)。
 今回は米原駅を起点に、初心者向けの3コースを紹介。秋旅の選択肢に、ビワイチを加えてみてはいかがだろうか。

【米原駅サイクルステーション】
レンタサイクルはもちろん、サイクリング情報も充実。シャワー室も完備。米原駅構内東口1F(近江鉄道乗り場前)/9時~18時/電話090・3863・8453

■スポーツバイク体験コース
 米原~彦根・米原~長浜
 米原駅を起・終点として、彦根城下町、または長浜市内を往復するコース。自転車での走行距離は、往復で約20キロ。走行時間は1時間30分以内。スポーツバイクを体験しながら、ゆったり巡る初心者向けのルートだ。
 もう少し走りたい人は、足を延ばせば、彦根方面からは近江八幡へ、長浜方面であれば「湖北みずどりステーション」「長浜観音の里」へも行ける。走行距離は50~60キロ程度、走行時間は3~4時間となるので、こちらは1日コースとして考えたい。
●彦根方面
米原駅~湖周道路~彦根城下町~湖周道路~米原駅
走行距離:17.6キロメートル(往復)
所要時間:1時間20分(走行時間)
●長浜方面
米原駅~湖周道路~長浜市内~湖周道路~米原駅
走行距離:20.4キロメートル(往復)
所要時間:1時間30分(走行時間)


■近江商人の里コース
 米原~豊郷~東近江~日野
 乗車運賃のみで自転車と一緒に乗れる近江鉄道のサイクルトレインを利用して、湖東の近江商人の里を巡るコースを走る。米原駅からサイクルトレインで多賀大社前駅、豊郷駅へ。旧中山道のサイクリングを楽しんだ後、再びサイクルトレインで近江商人のふるさと、東近江市五個荘から日野町へ。復路もサイクルトレインで米原駅まで戻る。
 秋の紅葉が美しい湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)へは、多賀大社前駅から向かえる。こちらへは自転車でがんばろう。

米原駅~(近江鉄道)~多賀大社前駅~(近江鉄道)~豊郷駅~旧中山道サイクリング~五箇荘駅~(近江鉄道)~日野駅~(近江鉄道)~米原駅
走行距離:16.3キロメートル(往復)
所要時間:3時間30分


■北湖クルーズコース
 米原~彦根港~マキノ桟橋~琵琶湖大橋~米原
 彦根港から旅客船でマキノ桟橋までショートカットし、琵琶湖大橋から北側の北湖を1周するコース。アップダウンが多い湖北の峠を避け、水上から琵琶湖の風景を楽しみながら移動する。
 マキノ桟橋から近江舞子を経由し琵琶湖大橋を渡り、近江八幡、彦根と湖周道路を走って米原駅へ戻る。走行距離は100~110キロ。体力に応じてレンタサイクルの途中返却も可能だ(近江舞子まで60キロ、琵琶湖大橋まで80キロ)。メタセコイア並木道へはマキノ桟橋から寄り道できる。

米原駅~湖周道路~彦根港~(旅客船)~マキノ桟橋~湖周道路~琵琶湖大橋~湖周道路~米原駅
走行距離:105.0キロメートル
所要時間:8時間30分


問い合わせ
滋賀県観光交流局ビワイチ推進室/電話077・528・3746
びわこビジターズビューロー/電話077・511・1530

最終更新:9/13(水) 18:10
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売10月号

旅行読売出版社

2017年10月号
8月28日発売

540円


第1特集 あの名湯でひとり泊
第2特集 ねじめ正一さんが探訪 元気な商店街