ここから本文です

Apple発表の新型「iPhone X」を手放しで評価できない理由

9/13(水) 9:10配信

HARBOR BUSINESS Online

 Appleは現地時間9月12日(日本時間13日午前2時)、iPhoneシリーズの新型モデルとなる「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」を発表した。そして、イベントの終了間際、「one more thing(最後にもうひとつ)」として、iPhone発売10周年を記念した特別モデル「iPhone X(テン)」をサプライズ披露した。

 事前予約は10月27日開始で、通常販売は11月3日、色はスペースグレイとシルバーという、iPhone X。果たしてどのような性能を持っているのか? また、どう判断すべきなのか?

 まずはiPhone Xの性能からおさらいしたい。

 注目のディスプレイだが、有機ELの5.8インチディスプレイを採用。また、Super Retina Displayと呼ばれるOLEDのディスプレイを初めて搭載。解像度2436×1125、455PPIに対応し、より鮮明な描写が端末のスクリーン全体に広がるデザインとなった。また、ステンレススチール製のフレームも強化され、水性能と防塵性能も備えている。

 また、今回最大の注目が顔認証システム「Face ID」だ。iPhone Xは端末の全体がスクリーン(ホームボタンがない)のため、使用には顔認証が必要。ユーザーはスクリーンを見ることで、顔認証を行い、ロックが解除される。

 このFace IDには、フロント中央上部にせり出した「True Depthカメラ」が使用されている。これによりiPhone Xのどの角度からでも顔の判別ができ、Appleによれば、テーブルに置いてある状態からでもスマホを解除することができるという。また、3万以上の目に見えないドットを照射し、顔の精緻な深度を測って個別認証を行うため、他人がFace IDを悪用してスマホを解除できる確率は100万分の1だとか。

 さらに、その顔認識機能を生かして「Animoji(アニ文字)」という新機能も搭載。人の顔の筋肉の動きを分析し、表情に合わせたパンダやゴリラなどの絵文字を出すことができる。一方の背面カメラは、デュアル1200万画素。また、バッテリー駆動時間はiPhone 7より最大2時間長くなっている。

 ここまで新機能が盛りだくさんな新型iPhone Xだが、IT系に精通したライターによれば「サプライズ機能があるというと、率直に言えば、そうではない印象です」とやや手厳しい評価だ。

「もちろん、チップの高性能化に伴う処理速度の向上などは、順当な進化を遂げていますし、事前のリーク情報が、かなり的確だったのもひとつの要因かもしれません。しかし、総合的に見て、iPhone8/8Plus/Xにアッと驚くようなサプライズ機能があるというと、率直に言えば、そうではない印象です」

 そこには業界の先駆者として10年走り続けたiPhoneだからこそのジレンマもあるという。

「Appleとしては初となるワイヤレス充電、新機能となる全面ディスプレイ化、Face IDなどもありますが、それすらアッと驚くサプライズ機能だと感じられないのは、逆にiPhoneが十分に成熟しきったデバイスの証でもあるといえるからかもしれません。

 シリーズ共通の目玉機能は、ワイヤレス充電と言ったところでしょうか。Androidスマートフォンの一部機種で採用されていますが、普及しているか否かといえば、いまひとつ波に乗り切れていない感じです。

 しかし、Appleが対応したということでスタンダードになっていく可能性は十分に考えられます。そういった意味では、今回発表されたiPhone8シリーズ/Xが普及の起爆剤としての役割を担っていくかもしれません」

 また、プラス評価としては前述のディスプレイも要注目とも。

「iPhone Xに採用されるディスプレイは要注目。ホームボタンを省くことで全面ディスプレイ化を実現していますが、それでいて操作に不便があるかと言えば、なさそうに感じます。既存ユーザーに戸惑いはあるかもしれませんが、すぐ慣れるのではないでしょうか」

 そんなiPhone Xの肝心の価格は、64GBが11万2800円で、256GBが12万9800円(どちらも税別)だ。かなり高額な印象を受けるが、これに関しては……?

「価格はiPhone8シリーズを含め、iPhone7シリーズよりも高め。ワイヤレス充電や全面ディスプレイなど、新機能にこだわりがないなら、無理して買う必要はないように感じます」

 これまで10年間にわたってスマホの可能性を切り拓いてきたiPhone。新型モデルは市場にどのように受け入れられるのだろうか。

<文/HBO取材班>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:9/15(金) 16:33
HARBOR BUSINESS Online