ここから本文です

「サラーが恋しい」とローマのエース。アトレティコの堅守に屈して不満吐露

9/13(水) 20:31配信

フットボールチャンネル

 ローマのFWエディン・ゼコが、昨シーズンとの違いに戸惑いを感じている。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、同選手のコメントを伝えた。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でアトレティコ・マドリーをホームに迎えたローマは、相手の堅守を崩せずに0-0で試合を終えた。

 アトレティコ相手の勝ち点1は悪い結果ではないかもしれないが、ゼコにとってはストレスの溜まるゲームだったのかもしれない。

 ゼコは試合後、「昨シーズンはたくさんゴールを決めたけど、今シーズンはもっと難しくなるかもしれない。今日だってあまりボールを触れなかったしね」と、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ新監督のサッカーに戸惑いがある様子。

 さらに同選手は「(引退したフランチェスコ・)トッティもだけど、(リバプールへ移籍したMFモハメド・)サラーの不在も感じる。彼らはいつも僕の近くでプレーしていた。それにラジャ(・ナインゴラン)もだ。今はシステムの関係で遠くでプレーしているよ」と語った。

 ただし、新監督を非難するつもりはないようで、「みんなで我慢強く、一緒に成長しなければいけない」ともゼコは話している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)