ここから本文です

岐阜の納屋で見つかった土まみれのフェラーリ、2億3490万円で落札

9/14(木) 12:15配信

エスクァイア

 さきに日本で1969年型フェラーリ・365GTB/4が埃と土をかぶった状態で見つかったことをお伝えしたが、9月9日に開かれたフェラーリ70周年記念オークションでこのモデルが落札された。

【フェラーリ70周年記念オークションは大盛り上がり、会場の様子をチェック】

 RMサザビーズによるオークションに出品されたこの歴史的にも有名な12気筒搭載のクーペ。なつかしい吊り下げ式のクーラーを助手席下に取り付けていたのも時代を感じさせる。

 この車両の希少性は、軽合金ボディという点にある。なにしろ1969年から73年にかけて1200台が作られたが、スカリエッティが手がけた軽合金ボディは5台しかないのだ。

 車台番号12653のこのデイトナは1971年にイタリアから出荷され、日本へと運ばれた記録が残っている。そののち3人めのオーナーが40年にわたってしまいこんでいたのだそうだ。

 ほとんどのコレクターがその存在を忘れていた貴重なアルミボディのデイトナ。2017年にオークションに出品されることが決まったとき、クラシックカーの世界では衝撃が走った。

 点検を担当したマルチェル・マッシーニ氏は「スーパーレアなデイトナのバーンファインド(しまいこまれていた車両の意)だ」と語ったとRMサザビーズはリポートしている。

 ロードゴーイング(一般販売用)デイトナとしては、いまやただ1台の軽合金ボディというこの車両。はたして落札価格は180万7000ユーロだった。1ユーロ130円で換算すると約2億3490万円だ。

文・小川フミオ

最終更新:9/14(木) 12:15
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。