ここから本文です

レアルが「スペインの至宝」イスコと2022年まで契約延長 違約金は910億円とスペイン紙報道

9/14(木) 23:16配信

Football ZONE web

今季はリーグ戦3試合に出場、W杯予選では2試合連続ゴール中

 レアル・マドリードは14日、スペイン代表MFイスコと2022年6月30日までの契約延長で合意したことをクラブ公式サイトで発表した。

【動画】対峙する相手を次々と無効化…「スペインの至宝」イスコの超絶テクが詰まったファインゴール

 バレンシアの下部組織出身のイスコは、バレンシア、マラガを経て、2013年にレアルに加入。卓越したテクニックを誇り、昨季は30試合10得点をマークするなど、主力としての風格も出てきた。

 今季はここまで公式戦全4試合に出場、スペイン代表でもロシア・ワールドカップ欧州予選で2試合連続ゴール(イタリア戦、リヒテンシュタイン戦)を挙げるなど好調を維持している。レアルは14日にクラブ公式サイトで、「イスコ・リニューアルセレモニー」と題し、18年6月30日までだった契約を22年6月30日まで4年延長することで合意するとともに、15日に本拠地サンチャゴ・ベルナベウで会見を行うことを発表した。

 スペイン紙「マルカ」によれば、違約金は7億ユーロ(約910億円)という破格の金額に設定されたという。

「スペインの至宝」と呼ばれるファンタジスタの延長契約は、開幕3試合で1勝2分けと7位スタートとなった昨季二冠王者にとって何よりの朗報だろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/15(金) 2:44
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新