ここから本文です

香川真司、初スタメンでアシスト記録。ドルトは相手エースの2GでCL黒星スタート

9/14(木) 5:38配信

フットボールチャンネル

【トッテナム3-1 ドルトムント チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ】

 現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでトッテナムと対戦した。試合はドルトムントがホームのトッテナムに1-3で敗戦した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 試合は開始4分に動く。左サイドでボールを受けたソン・フンミンがドリブルでペナルティーエリア内に入り込み角度のないところから左足でシュート、これが決まりトッテナムが先制する。ドルトムントの直後の11分、今季初のスタメンの香川がペナルティーエリア右でボールを受け走りこんできたアンドリー・ヤルモレンコにパス、ダイレクトで放ったシュートはゴール左隅に決まりすぐに同点に追いつく。

 しかしその4分後、再びトッテナムが勝ち越しゴールを挙げる。1点目同様左サイドをハリー・ケインがドリブルで突破し左足でシュート、これが決まりトッテナムが2-1と勝ち越しに成功しハーフタイムへ。

 ドルトムントは試合の主導権を握るも組織だったトッテナム守備陣を崩せず。逆にトッテナムに試合を決めるゴールを奪われる。60分、中央を素早いパスで崩し最後はケインがこの日2得点目となるゴールを左足で決める。その後は両チームとも得点を入れることは出来ず試合終了、ドルトムントは1-3で敗れた。なお香川は66分までプレーした。

【得点者】
4分 1-0 ソン・フンミン
11分 1-1 アンドリー・ヤルモレンコ
15分 2-1 ハリー・ケイン
60分 3-1 ハリー・ケイン

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)