ここから本文です

体幹を効果的に鍛えるための簡単ボクササイズ

2017/9/15(金) 16:15配信

MEN’S+

ボクササイズといっても、ボクシングの真似事ではない。クランチを変化させたこのトレーニングなら、腹筋だけでなく、そのほかのさまざまな筋肉も強化できる。

【簡単ボクササイズの方法が気になる方はこちらの動画をチェック!】

体幹の効果的に鍛えたいなら、普通のクランチよりもいい方法がある。 
 
 クランチは腹筋を鍛えるための基本とも言えるエクササイズだ。ただし、このエクササイズは腹筋のみをターゲットにするには適しているが、体幹を鍛えたい人にとってはもっとも効果的なものとは言えない。 
 
 そこで、ナイキのトレーナーでニューヨークのボクシングジム「エブリデイ・ファイツ」のインストラクターでもあるデニス・ロザダ氏は次のようなトレーニングを提案している。 
 
 「ほとんどの人がやっていない最高の体幹トレーニングの1つは、ロープの下に入ってイン&アウトの動きを繰り返すボクサーのトレーニングです」(ロザダ氏) 
 
 今回の動画のなかで、ロザダ氏はボクシングリングを使って腹筋を鍛えている。しかし、リングがトレーニング環境にないという人も、自分の頭上にロープが張ってあることをイメージすれば問題ないという。 
 
 まずは、両手でウェイトを持つ。次に、膝を立てた状態でリングのロープの下に寝そべろう。ウェイトについては、動いている間は胸の前でキープする必要がある。 
 
 片側に上半身を起こしながら、斜筋と体幹を引き締める。このとき、肩甲骨を床に付けないように注意しよう。体をロープの下に戻し、今度は上半身を反対側に起こしていく。 
 
 このエクササイズでは、ウェイトを使いながら両方向に上半身を動かすことで、腹筋に負荷をかけながら、そのほかの筋肉にもアプローチして強化していくことができる。 
 
 ロザダ氏のオススメは、30~45秒のこの動きをした後、10~15秒の休憩を挟み、3ラウンド行うことだ。 
 
 「これは体幹に強烈な刺激を与えますよ」(ロザダ氏) 
 
 体幹に最大限の負荷をかけていくためには、回数にこだわるのではなく、適切なフォームを維持するように意識してほしい。

翻訳:中村 航

最終更新:2017/9/15(金) 16:15
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!