ここから本文です

巨人・澤村の鍼トラブル 被害者なのに同情されない理由

9/18(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 CS進出からの“大逆転日本一”を目指す巨人で、チーム内の迷走ぶりを象徴するニュースが報じられた。

 今季、右肩の不調で一軍登板ゼロの“元守護神”澤村拓一。球団トレーナーによる鍼治療のミスで、神経に麻痺が生じたことが原因のひとつだったとして、石井一夫・球団社長と鹿取義隆・GMが澤村に謝罪したのだ。球団関係者がいう。

「鍼施術があったのは2月27日のこと。以降、澤村は球団に不満を訴えていたようです。今回の謝罪は複数の医師の診断を検討した結果であり、球団としても苦渋の選択だった」

 だが、球団内では“被害者”であるはずの澤村に同情の声は少ないという。

「鍼治療は確かに不調の一因かもしれない。しかし、そもそも澤村は昨年のシーズン終盤から何度も救援に失敗し、精神的にギリギリになっていた。長年の勤続疲労で肩の状態も万全ではなく、トレーナーたちは“なんとかしてやりたい”と必死にサポートしていたんです。鍼治療もその一環だった。それなのに澤村は“すべて鍼治療が悪い。トレーナーが悪い”という態度を取ってしまった。だからチーム内で澤村を庇う声は少ないのです。

 過去にはCS敗退当日に六本木で合コンしていたと報じられるなどプロ意識に疑問をもつ声も少なくない。最近も、本人納得のうえで一軍復帰したのに、ブルペンで一度も投げずに不調を訴え、二軍に戻った。みんな本音では“自己管理もままならないのに、スタッフのせいにしている場合じゃない”と思っているのです」(同前)

 巨人では古くから「鍼治療」を巡るトラブルが多い。江川卓氏は1987年の引退会見で、「野球生命を絶たれることを覚悟で打ってはいけない右肩のツボに鍼を打ち続けた」と発言。その後、鍼灸師の団体から「そんな危険なツボはない」と反論される騒ぎになった。

 1996年には、槙原寛己氏が肺気胸で入院。球団トレーナーの施術する電気鍼が原因だったとして、球団が謝罪した。

「球団が“選手の名誉のために”と公表した点で槙原さんと澤村のケースはよく似ているが、槙原さんはトレーナーを庇うため決して自分から表沙汰にはしなかった。むしろ鍼を“言い訳”にした江川さんに重ねられている」(同前)

 澤村は投手生命のみならず、チーム内の信頼という面でも大きな岐路に立たされている。

※週刊ポスト2017年9月29日号