ここから本文です

プロ志望届 大学生は第2週8人提出 ドラ1候補左腕の立命大・東ら即戦力級も

9/18(月) 8:10配信

THE ANSWER

15日まで計9人、152キロ右腕の岡山商大・近藤も即戦力候補

 全日本大学野球連盟が6日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は2週目を終えた。当週(11~15日)は8人が新たに提出し、提出者は計9人になった。

【表】第2週の大学生は8人提出、今年のドラフト指名選手がここに…高校生&大学生のプロ志望届提出者全一覧

 侍ジャパン大学日本代表に選ばれた立命大の大学NO1左腕・東克樹投手は最速152キロを誇り、「ドラフト1位候補」の呼び声高い。また、岡山商大の152キロ右腕・近藤弘基も即戦力候補。そのほか、創価大・海老原一佳外野手、近大・岡田和馬投手らが提出した。

 毎年、多くの選手が指名される東京六大学、東都大学からの提出は15日までなし。日本高校野球連盟が公示している高校生は31人。提出期限は10月12日。NPBのプロ野球ドラフト会議は同26日に行われる。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9/18(月) 8:15
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。