ここから本文です

時間が経つほどスマートフォンの動作が遅くなる理由

2017/9/18(月) 19:10配信

ライフハッカー[日本版]

私たちはみな、年を重ねるにつれ、スローダウンしていきます。車やヘアドライヤーなどの機械製品も、時間の経過とともに機能が衰えていきます。

【画像】時間が経つほどスマートフォンの動作が遅くなる理由

では、デジタルガジェット、とくにスマートフォンはどうでしょうか? スマートフォンはいつまでも高速に動作してほしいものですよね。

ですが実際には、スマートフォンの実行速度も徐々に減衰していきます。たとえば、私の娘が7年以上愛用しているiPhoneシリーズを見てもわかります。どのiPhoneも2年が経過したころから老化の兆候を見せはじめ、画面がフリーズしたり、アプリの起動が遅くなったり、まったく起動しなくなったり、テキストメッセージが受信できなくなったりしはじめました。

スマートフォンが遅くなるのには、いくつかの原因があります。スマートフォンを12年以上に渡ってウォッチし、テストし続けてきたMike Gikas氏は、次のように話しています。

時間の経過とともにスマートフォンが遅くなる主な原因は、OSのアップデートで古いハードウェアが置き去りにされてしまうことです。また、(新しいハードウェアの)高速なプロセッサーと効率的なアーキテクチャを活用するために、企業がアプリをアップデートすることもあります。

また、Gikas氏は、古いモデルのスマートフォンを使っている人たちに、次のように注意を呼びかけています。「ふだん使っているアプリケーションをアップデートすると、以前より動作が遅くなってしまうことがあります。さらに言えば、いつも使っている機能が使えなくなる可能性もあります」

多くの場合、このプロセスはゆるやかに進行しますが、決して止まることはありません。Gikas氏は、OSやアプリのアップデートで、古いスマートフォンのハードウェアが少しずつ有用性を失っていく様子を語っています。たいていは、1つのアプリの1つの機能が使えなくなることから始まります。それから、アプリそのものが起動しなくなります。最後には、スマートフォンそのものがアプリストアを使う能力を失ってしまう、とGikas氏は指摘しています。この段階に至れば、アプリをインストールすることも、アップデートすることもできなくなります。

長年使用したスマートフォンが遅くなる一般的な原因は以下のようなものがあります。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事