ここから本文です

ドラフト、水出し、フラッペも!極上のアイスコーヒーを作るコーヒーメーカー7選

9/24(日) 6:30配信

@DIME

トレンドのバリエーションコーヒーから水出しコーヒーまで、家庭で簡単に作れるアイスコーヒー特化型ツールをご紹介。道具や淹れ方を工夫して、いつもとは少し違う、ワンランクアップしたアイスコーヒーを楽しもう!

【写真】ドラフト、水出し、フラッペも!極上のアイスコーヒーを作るコーヒーメーカー7選

数あるコーヒーメーカーの中でもアイスコーヒーには一家言あり、というのがこちらの3台。いずれも見た目も味も異なる個性派揃いだ。

【1】話題のドラフトコーヒーを手軽に!

ネスレ日本『ネスカフェ ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバー』9074円

泡が特徴のドラフトコーヒーを簡単に作れる「ネスカフェ ボトルコーヒー」専用機。きめ細かいクレマ(泡)がコーヒーの香りを閉じこめ、冷たさもキープする。W145×D253×H515mm。

【2】アイスコーヒー専用マシンとして誕生

サーモス『アイスコーヒーメーカー ECI-660』オープン価格(実勢価格約1万円)

マイコンで蒸らし時間を制御、じっくり時間をかけ抽出することで、アイスコーヒーに最適な香りとコクを引き出す。絶妙のカラーリングセンスや、操作の容易さも魅力だ。W180×D285×H325mm。

【3】コーヒーフラッペやスムージーも作れる!

ドウシシャ『ソルーナ クワトロチョイス QCR-85A』オープン価格(実勢価格約1万9800円)

コーヒーメーカーだけでなく、ミキサーとしても使える新発想の「ドリンクミキサー」。コーヒー用サーバーとジュース用ミキサー容器を使い分け、好みのメニューに挑戦! W150×D320×H410mm。

【4】抽出過程も絵になるモダンなルックス

ブルーアー『コールドブルーアー』1万5500円

コーヒー好き米国人デザイナーがクラウドファンディングで商品化。好みや生活時間に合わせ、抽出速度(抽出時間3~12時間)も調整できる。直径127×H265mm。

【5】味わいもデザインもクリア&クール

イワキ『ウォータードリップコーヒーサーバー』1万5000円

耐熱ガラス製のタンク&ストレーナー、天然木と磁器製のフタというこだわり素材の組み合わせ。点滴調整も不要でビギナーも安心。W125×D125×H295mm。

【6】シックでおしゃれなワインボトル型

ハリオ『フィルターインコーヒーボトル』2500円

ストレーナーにコーヒー粉を入れて水を注ぎ、冷蔵庫で8時間置くだけ。耐熱ガラス製のポットは熱湯消毒ができ、コーヒー渋もつきにくい。抽出容量はコップ約5杯分の650ml。W87×D84×H300mm。

【7】フレンチプレスの味を存分に

ボダム『BEAN アイスコーヒーメーカー』6000円

コーヒー豆の味わいがダイレクトにわかるのはプレス式ならでは。容量も1.5Lと、たっぷり作れる。抽出用とプレス用、2種類のフタを付属する。W200×D125×H227mm。

[リコメンドコメント付き]専門店の個性が生きるアイスコーヒー専用ブレンド

●キレのある苦味が特徴

ドトールコーヒーショップ『アイスコーヒー』200g
890円(税込み)

酸味の少ないブラジル豆が中心。時間が経ってもおいしく楽しめるよう氷に負けない濃さとキレに注力した。
★イタリアンロースト(極深煎)ならではの飲み心地をお楽しみください。(広報担当)

●昔ながらの喫茶店の味

小川珈琲『アイスブレンド(粉)』150g 681円

濃厚な苦味と、しっかりとしたコクを引き出す特製ブレンドは、アイスコーヒーにぴったり。
★5か国の豆をブレンド。直営店でおなじみの味が家庭でも楽しめます。(企画開発・増田さん)

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIME編集部

最終更新:9/24(日) 6:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学