ここから本文です

ルノー・日産・三菱自の「アライアンス2022」に秘められた真の狙いとは?

9/24(日) 8:03配信

clicccar

2022年までの6カ年中期経営計画「アライアンス2022」を先頃発表したルノー・日産・三菱連合。

【この記事に関連する別の画像を見る】

ルノー・日産両社は1999年の資本業務提携以来、プラットフォームの共通化などで経営効率を高めて来ており、昨秋には三菱自をアライアンスに加え、今後更なる共通部品の採用拡大により、2022年までにこれまでの倍となる1.3兆円規模のシナジー効果を創出、EVや自動運転車の投入を加速させるそうです。



2020年までにEV専用のプラットフォームを用意した上で、2022年までにピュアEVを新たに12車種投入。自動運転技術を3社合計で40車種に採用、グローバル販売台数を1,400万台/年(昨年比+40%)以上に高め、総売上高26兆円(同+30%)以上を目指すとしています。



またパワートレインでは、全販売車両の75%(現状30%)にまで共通化を拡大する計画のようで、既存の31機のエンジンのうち、22機を共通化、コネクテッド技術についても90%の車種に対応させるそうです。



ルノー・日産・三菱アライアンスでは、今後もその規模を活かし、「共通化」を軸に持続的な成長を図る考えで、今回公開された「アライアンス2022」からは、EVの量産拡大を機に世界制覇を狙うシナリオが窺えます。

(Avanti Yasunori・画像:日産自動車)

最終更新:9/24(日) 8:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)