ここから本文です

Hey!Say!JUMPファンのマナーがひどすぎる件「もうJは来てほしくない」

9/27(水) 4:00配信

週刊女性PRIME

「私も昔はアイドルに夢中になっていたので気持ちはよくわかるんです。でも、今の若いコたちって、あまりにも周りを見ていないというか、自分さえよければいいのかな、って思ってしまいます……」

 横浜市港北区内に長年住む60代の女性は、すぐそばの横浜アリーナを見上げて嘆いた。9月15日から18日までの4日間、この一帯は無法地帯と化していたという。

 今年で10周年を迎えたジャニーズグループ、Hey! Say! JUMPは次世代を担うアイドルとして期待されている。それゆえに彼らを応援するファンも10代の女性が多数を占めている。

「もちろん全員がそうではありませんが、コンサート会場内外での一部ファンのマナーが問題視されてきました。そして先日、彼女たちを名指ししたものではないでしょうが、ジャニーズの公式HPで“警告”されたのです」(アイドル誌編集者)

 各所でファンによる問題が起きるたびに注意喚起をしてきたジャニーズ事務所。それでも改善されないマナーに9月13日、《コンサートの開催中止勧告を受けることや、タレントが公共交通機関を利用できなくなる等の最悪のケースも考えられます》と、コンサートができなくなる可能性も示したのだった。

 にもかかわらず、2日後にスタートしたJUMPの横浜アリーナ公演で、またも彼女たちが“やらかした”。

「(建ったのは)マンションが後だし、コンサートの音は承知で住んでいますよ。でも、外で騒ぐ女の子の声って、高い建物に響いて大きく聞こえるんです。それが昼夜ずっと。ほかの歌手のときはこんなことってないんですよ」(近隣マンションに住む女性)

 確かにコンサート当日は、入場者だけでなく、チケットを持たずに“音漏れ”を聴くファンまでもが会場を取り囲んでいた。特に正面入り口から外周を左手に回った、関係者出入り口に面した裏通りは行き場もないほどに。この付近に立ち並ぶマンション住人にとって、やはりファンの“騒音”は問題となっていた。

 また、近くには保育園や老人介護施設などがあり、子どもたちや高齢者も散歩の際に利用するのだろう。腰をかけられる憩いの広場もあるのだが、

「それぞれのグループが陣取って応援なのか、声援を送る練習をしては甲高い声で笑いながらみんなして“ヤバい、めっちゃ、ヤバい”って。歩きスマホでうろうろしたり、平気でゴミをその場に捨てて行ったり、怖くて外に子どもを連れていけませんでしたね」(近隣に住む女性)

1/2ページ

最終更新:9/27(水) 4:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月31日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ