ここから本文です

元SMAP新事務所 その「所在地」がネット民の間で話題になる理由

10/3(火) 6:25配信

デイリー新潮

 9月22日に発表された、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の新たな所属事務所「CULEN(カレン)」。元SMAPマネージャーの飯島三智氏が代表取締役を務めることからも注目を集めるこの新天地だが、ネットユーザーの一部からは別の形で“注目”されている。

 ***

「株式会社CULEN」の登記情報によると、設立は昨年の7月で、飯島氏が代表に就いたのはその年の12月21日。この日はSMAP最後のアルバム「SMAP 25 YEARS」の発売日でもある。飯島氏の前は、別の男性が代表取締役を務めていたようだ。設立目的の欄には「芸能タレント等のマネージメント」や「テレビ・ラジオ放送番組の企画運営」のほか、「飲食業」や「ソーシャルビジネス事業」を行うとある。

 そんな「CULEN」が入居するのは、東京都港区にある高級賃貸ビルの一室だ。実はこの建物、以前から一部のネットユーザーの間で有名な場所だった。

「あのビルには、とある弁護士の事務所があるんです。5年前、『2ちゃんねる』で反感を買う投稿を続けた挙句、個人情報を特定され、逆に嫌がらせを受けるに至った男性がいました。耐えかねた彼が頼ったのが、この弁護士だったのです。弁護士は書き込みの削除依頼を『2ちゃんねる』に対して行いましたが、これがネット民の逆鱗に触れた。“Twitterでアイドルをフォローをしていた”などネタにされ、今度は弁護士本人が誹謗中傷の標的になってしまったのです」(WEBジャーナリスト)

 自身の経験も活きたのだろう。「朝日新聞」の「ひと」欄では「インターネットの闇に立ち向かう弁護士」として紹介されたこともあるそうだが、

「歌手のジャスティン・ビーバーは数々の奇行からアンチが多いことで知られていますが、弁護士は嘘か誠か“ネットで殺害予告された件数はジャスティンの次に多い”と言われています。弁護士への脅迫で逮捕者が出たことも」(同)

 そんな弁護士の事務所の隣室が「CULEN」というわけである。早速、これに気付いた人々からは〈どうしてこうなった〉〈あのビルにはなにかがある〉〈検索すれば一発で悪評出てくんのに〉といった声が上がった。

「お隣さんというだけならばそれで済む話ですが、今後、この弁護士事務所がターゲットにされるようなことになれば、3人の事務所もとばっちりを受けかねない。偶然の一致にしても、よりにもよってあの場所を選んでしまうとは……」(同)

 余計なお世話ながら、元SMAPの3人は、つくづく“事務所”に恵まれないということか――。いやいや、独立を機にSNSを解禁したことから、トラブルが起きた場合にすぐ依頼できるよう、この弁護士の隣を選んだなんて穿った見方さえ出ているのだとか。

「週刊新潮」WEB取材班

2017年10月3日 掲載

新潮社

最終更新:10/10(火) 18:31
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。