ここから本文です

「50代同士の結婚」は、なぜ成立しにくいのか

10/5(木) 6:00配信

東洋経済オンライン

 国立生活保障・人口問題研究所という厚生労働省の機関が、5年に1度、「生涯未婚率」を発表している。これは、50歳の国民の未婚率を算出したもの。なぜ50歳という数字なのかというと、“50歳で未婚の人は、将来的に結婚する予定がない”と考えることができるからだそうだ。

43歳男性「子供が欲しい」で始めた婚活の結末

 しかし、時代は変化している。今まで1度も結婚したことのない50代、60代でも、真剣に婚活を始める人が年々増えている。さらに、50代、60代の再婚希望者も増加の一途だ。

 「これまで独身でいたのだから、これから先、他人と暮らすのは面倒」「1人のほうが気が楽」と思う人がいる一方で、「残りの人生をパートナーとともに過ごしたい」「経済的に、1人よりは2人で支え合ったほうがよい」と思う人もいる。また、老いていく親と自分の老いを重ね合わせたときに、「病気になったときに心細い」「孤独死するのは嫌だ」と考え、婚活を始める人もいる。

 ただ現実をいえば、歳を重ねれば重ねただけ結婚は難しくなる。理由は、結婚または再婚を希望している人の数が、20代、30代、40代と年齢が上がるごとにどんどん少なくなっていくこと。またオーバー50の初婚者というのは、恋愛に不慣れな婚活新人が多く、お見合いから交際に入ったものの、具体的にどう恋愛し、結婚までのプロセスを進めたらいいのかわからないこと。一方、恋愛をしてきたオーバー50は、お相手選びの理想が高く、“選ぼう”としている相手からは“選ばれない”ケースがとても多いからだ。

■恋愛はできるが、結婚はできない

 1年間婚活をしてきた吉井由美子(51歳、仮名)を見ていても、50代の婚活の難しさを痛感させられた。由美子は現在医療関係の会社で事務職をしているが、大学時代は読者モデルをしていたというだけあって、スレンダーな美人だ。ファッションも髪型もおしゃれで、年齢よりもグンと若く見える。

 20代の頃は、華やかな恋愛をたくさんし、30代前半では婚約した男性もいた。両家のあいさつを済ませ、2人で住むマンションも決め、結婚の準備を着々と進めていた矢先に、自営業だった彼の実家が倒産。彼自身が莫大な借金を背負ってしまった。

1/5ページ