ここから本文です

バスタオルでできる!歩きづらくなった老犬のお散歩ケア [おとなスタイル]

2017/10/8(日) 10:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

バスタオルハーネスでのお散歩介助

この日は、猛暑だったので室内で練習しました。

また、後ろ足が弱く、上手に立てない場合にもコツがあるといいます。
「上に持ち上げて立たせるのではなく、お尻を斜め上にやさしく押し出すようにして、前に向かってサポートしてげると、スッと立てることが多いので試してみてください」

【老犬のお散歩の注意点】
・刺激がないと老化が進むことがあるのででお散歩行った方がいい
・歩けない場合は、抱っこやバギーでもいいので、外の刺激も定期的に
・よろけてしまうなど上手に歩けない場合は、バスタオルハーネスがおすすめ

“老い”を肯定的に受け入れることが、老犬との暮らしを楽しくします

老いるというとネガティブな印象を持つ人も少なくありません。確かに、体も弱くなり、年齢を考えるといつまでいっしょにいられるのか、と切なくなる部分もあります。
そして、夜鳴きやトイレ介助など、さまざまな場面にも遭遇します。
「こういうと嫌がる方もいるかもしれませんが、結局は人も動物も同じように、老いを迎えます。年齢を重ねば、私たちもできないことが増えます。そして、それは動物たちも同じです。そして、そんな老いた犬や猫と向き合えるのも、長年、大事に暮らしてきたからこそある時間でもあるのです」と友森さん。
老いを肯定的に受け入れるというのはとても難しいことかもしれません。でも、ともに歩むための大事な時間として受け入れてみる、そんな大事なことを友森さんから教えてもらいました。

ランコントレ・ミグノン
東京・千葉にシェルターを持ち、犬・猫・うさぎ・鳥を愛護センターや被災地から保護。定期的に譲渡会も行っている。北参道シェルターには病院やトリミングサロンも併設。お散歩やミルクなどのボランティアを随時募集。


おとなスタイル
撮影/清水奈緒

2/2ページ

最終更新:2017/10/8(日) 10:00
講談社 JOSEISHI.NET