ここから本文です

庶民的な価格設定の「とんかつ和幸」 ファンが語る楽しみ方

10/10(火) 15:00配信

マネーポストWEB

「とんかつ」といえば、庶民のごちそう。気軽に食べられるファストフードチェーンから高級店まで、様々なとんかつ店があるが、そのなかでもファンが多いとんかつチェーンが、「とんかつ和幸」だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生さんは、こう話す。

「チェーン店とはいえ、各店舗で価格は異なるのですが、例えば定食メニューの『ロースかつ御飯』であれば1200円程度、『ひれかつ御飯』であれば1300円程度となっています。高級店だと定食で3000円以上するのも珍しくないので、比較的庶民的な価格設定といえるでしょう。

 定食メニューでは、ごはん、キャベツ、そして味噌汁もおかわり自由です。ごはんとキャベツがおかわり自由だというとんかつチェーンは決して珍しくないですが、味噌汁までもがおかわりできるのは、和幸の大きな特徴です。1200円ほどでとんかつが食べられて、ごはんもキャベツも味噌汁もおかわりし放題だから、満足度は高い。お得感があると感じるファンも多いのではないでしょうか」

 とんかつ店というと、キャベツにもとんかつソースをかけて食べることも多いが、和幸の場合、特製の柚子ドレッシングがテーブルに常備されている。長年、和幸に通っているという40代の男性会社員Aさんは、このドレッシングの大ファンだという。

「とてもさっぱりしていて、脂っこいとんかつに合わせるには、最高のドレッシングだと思います。ごはんはあまりおかわりしないのですが、キャベツは毎回少なくとも2回はおかわりします」

盛り合わせメニューで様々な味を楽しむ

 Aさんは、盛り合わせメニューをよく注文するという。

「和幸はとんかつだけでなく、そのほかのフライメニューも充実しているので、盛り合わせの定食をよく頼みます。とくにお気に入りは“一口ひれかつ2個”もしくは“ロースかつ”のどちらかと、チーズ入れメンチかつが盛り合わせになっている『さざんか』というメニュー。価格も通常の“ロースかつ御飯”とあまり変わらない1200円程度です。

1/2ページ

最終更新:11/16(木) 20:59
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)